「目標は、いすみてぬぐいの柄を増やし、いすみ風呂敷も作ること」

「目標は、いすみてぬぐいの柄を増やし、いすみ風呂敷も作ること」

いすみ市日在の『外房長屋』(外房に暮らす人が制作した作品を委託販売する店)に、しゃれた柄のてぬぐいが展示されている。作者は市内在住の山辺文恵さん(35)。柄は3種類。紺青色の波縞柄、濡羽色の太巻柄、若草色の槙塀柄。山辺さんは、「伝統色を選んでいます。柄は、いすみ市をイメージするものをと、波や太巻き寿司、槙の生け垣を。もっと柄を増やしていきたいですね。それから、いすみ市土産を包むいすみ風呂敷も作りたい」と話す。ご主人の義大さん(57)と実父(70)、長女(5)、次女(2)との5人暮らし。
岐阜県出身で高校は地元のデザイン科に進み、名古屋の短大で総合芸術を学んだ山辺さん。卒業後は、アルバイトをしながら作品制作の日々を送り、「裏方の仕事も知りたい」と、市民講座で勉強したイベント企画にも携わった。22歳の時に、企画した音楽イベントにゲストの一人として出演した義大さんと知り合い、その後結婚。そして、子どもが生まれるのを機に、5年前、いすみ市に移り住んだ。
 2人の子育てに追われながらも、在宅でてぬぐいのデザインをするだけでなく、積極的に外の世界に係わろうとする山辺さんは、昨年1月から地元いすみ市でイベントを企画している。お年寄りと若い人や子どもたち、地元の人たちと移住してきた人たちなど、市民交流のための千町保育所跡(いすみ市松丸)を使ったイベント『いすみライフマーケットinちまち』(平成25年度いすみ市まちづくり市民提案事業・NPO法人いすみライフスタイル研究所主催)でイベントを毎月催してきた。
これまで『絵本の読み聞かせ』、『親子で絵の具遊び』、『風鈴作り』等々、季節感があるものや親子で楽しめる内容を企画した。参加者は地元だけでなく、横芝光町など遠方から何回も通う親子もいるという。「今までの経験が活かされた」と言いつつも、「元保育所なので子どもが遊ぶのにいい。自分も子育て中なので、子育て中の楽しいイベントをと考えた。一からイベントを立ち上げるのではなく、マーケットに来る来場者の参加も見込めるということで、マーケットとお互いに補い合えている関係なのでは。いやいや、私は便乗させてもらってるのかな(笑)」と茶目っ気たっぷりな山辺さん。
これからも、自分がやってみたいことを、どんどんやってきたいし、できる限り続けたいと瞳を輝かせる。今後のイベント予定は『わっくわっく』で検索を。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る