「目標は、いすみてぬぐいの柄を増やし、いすみ風呂敷も作ること」

「目標は、いすみてぬぐいの柄を増やし、いすみ風呂敷も作ること」

いすみ市日在の『外房長屋』(外房に暮らす人が制作した作品を委託販売する店)に、しゃれた柄のてぬぐいが展示されている。作者は市内在住の山辺文恵さん(35)。柄は3種類。紺青色の波縞柄、濡羽色の太巻柄、若草色の槙塀柄。山辺さんは、「伝統色を選んでいます。柄は、いすみ市をイメージするものをと、波や太巻き寿司、槙の生け垣を。もっと柄を増やしていきたいですね。それから、いすみ市土産を包むいすみ風呂敷も作りたい」と話す。ご主人の義大さん(57)と実父(70)、長女(5)、次女(2)との5人暮らし。
岐阜県出身で高校は地元のデザイン科に進み、名古屋の短大で総合芸術を学んだ山辺さん。卒業後は、アルバイトをしながら作品制作の日々を送り、「裏方の仕事も知りたい」と、市民講座で勉強したイベント企画にも携わった。22歳の時に、企画した音楽イベントにゲストの一人として出演した義大さんと知り合い、その後結婚。そして、子どもが生まれるのを機に、5年前、いすみ市に移り住んだ。
 2人の子育てに追われながらも、在宅でてぬぐいのデザインをするだけでなく、積極的に外の世界に係わろうとする山辺さんは、昨年1月から地元いすみ市でイベントを企画している。お年寄りと若い人や子どもたち、地元の人たちと移住してきた人たちなど、市民交流のための千町保育所跡(いすみ市松丸)を使ったイベント『いすみライフマーケットinちまち』(平成25年度いすみ市まちづくり市民提案事業・NPO法人いすみライフスタイル研究所主催)でイベントを毎月催してきた。
これまで『絵本の読み聞かせ』、『親子で絵の具遊び』、『風鈴作り』等々、季節感があるものや親子で楽しめる内容を企画した。参加者は地元だけでなく、横芝光町など遠方から何回も通う親子もいるという。「今までの経験が活かされた」と言いつつも、「元保育所なので子どもが遊ぶのにいい。自分も子育て中なので、子育て中の楽しいイベントをと考えた。一からイベントを立ち上げるのではなく、マーケットに来る来場者の参加も見込めるということで、マーケットとお互いに補い合えている関係なのでは。いやいや、私は便乗させてもらってるのかな(笑)」と茶目っ気たっぷりな山辺さん。
これからも、自分がやってみたいことを、どんどんやってきたいし、できる限り続けたいと瞳を輝かせる。今後のイベント予定は『わっくわっく』で検索を。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る