憧れの田舎暮らしでハンドメイド生活を満喫

荒井 正俊・陽子さん

今年2月、大雪が降ったとき、各地で孤立集落がニュースになり、その被害の大きさに胸を痛めた人も多かったことだろう。そして、千葉県の南部に位置する大多喜町でも、集落へ通じる道の崖崩れにより、停電で5日間電気のない暮らしをしいられた人達がいた。「釣りで使っていたバッテリーがあったので、最低限の明かりは確保できました。アウトドア好きが功を奏しましたね」と、そんな危機も楽しんでしまっていたのが、いすみ鉄道の大多喜駅からさほど遠くない大多喜町横山に住む荒井正俊さん(49)と陽子さん(50)ご夫婦だ。
 おふたりが田舎暮らしに憧れて東京から大多喜町へ移住してきたのは9年前。現在は陽子さんがフェルトボール、正俊さんが木片でアクセサリーを作り、イベントなどに出店。家の一間をギャラリー『MOON CHILD』として公開し、アクセサリー作りの体験も行っている。神奈川県横須賀市と鎌倉市出身のふたりは、共稼ぎで週末には釣りやキャンプを楽しむどこにでもいる普通のご夫婦だった。しかしバブルがはじけ、「勤めていた会社の雰囲気がどんどん悪くなっていき、物を作りたくてコンピューター系の会社に入ったのに、物を作らなくなって、もう東京にいてもしょうがないかなと思って退職しました」と話す正俊さん。退職後は物作りの夢を実現するため、飛騨にある木工専門学校のサマースクールに参加し、その後、独学で家具製作の勉強をした。
 また、約10年、仕事をしながらうつ病と闘っていた陽子さんも早期退職の道を選び、「もともとセカンドハウス的な家がほしいね」と話していたふたりの田舎暮らしを実現するための家探しが始まった。家具作りをするので音が出ても迷惑にならず、自給自足も視野に入れ畑が作れる土地があり、そして住める家があること。それを条件に約半年間、関東近郊を見てまわり、最後に決めたのが10世帯ほどが住む山の中の家だった。
 長い間住む人のいなかった家は痛みがひどく、母屋の裏に作られた土間にある台所はトタンで囲まれ、風呂は外だった。「リフォームは自分たちでやろうって、甘く考えていました」と笑う正俊さん。設計を陽子さん、工事は正俊さんとふたりだけでのリフォームが始まった。陽子さんが笑いながら当時を振り返ってくれた。「その間は毎日がイベント状態でサバイバルでした。まるでキャンプ生活で、流しは外、お風呂も庭の物置に簡易シャワーを取り付けてしのいでいました。さすがに冬は近くの温泉に行っていましたけど」
 自前でのガス工事は難しいとオール電化に。そのため正俊さんは電気工事士の資格を取り、IHのクッキング台やシンクはネットオークションなどで格安で手に入れ、2年かけてリフォームを完成させた。「屋根や壁、畳の部屋も床が抜け落ちそうなところもあって、まだ手を入れるところはあるんですけど」と話す正俊さんだが、リフォームが一段落したところで、「本来やりたかったハンドメイドで物を作ることを始めました」と陽子さん。
 もともと編み物や手織りを趣味で楽しんでいた陽子さんが、羊毛を丸めて作るフェルトボールでアクセサリーを制作し、イベントに出店するようになると、正俊さんも手元にあった木切れで月をかたどったアクセサリーを作り合流するようになった。すると仲間も増え、出店場所も御殿場、笠間、水戸と広がっていった。音楽仲間もでき、東京にいたころから楽しんでいたバンド活動も、以前、本紙でも紹介した『ふさふさ本舗』というバンドに参加し、再開した。
 正俊さんは、「最終的にはハンドメイドで生活できたらと思っています。将来的には本来やりたかったイスやテーブルなどの家具作りにシフトしていって、それを出店するためのクラフトのイベントとかももっと増やしていきたいですね」と話す。アクセサリー作りのかたわら近くの福祉作業所でお菓子作りを教えている陽子さんは、「収入の柱はいくつかあっていいと思うんです。ただ、やりたいことをやるためにこっちの生活を選んだので、無理はしたくないんです。おかげでうつもすっかりよくなって、もう薬を飲むこともなくなりました」。辛いことや大変なことはひとつもないと話すおふたり。ただ1日24時間では足りなく、「やりたいことがいっぱいあって、時間がもっと欲しい」という。

問合せ MOON CHILD 荒井さん
TEL 0470・82・5163
http://moonchild.sblo.jp/
(ギャラリー開放日は問い合わせを)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る