寄り添いながら強く生きたい

いすみ市郷土資料館のオススメ絵画展へゴー!

 9月23日(祝)まで、いすみ市郷土資料館(田園の美術館)で原叶人絵画展『木を描く』が開催されている。原さんは6年前に東京から、故郷福岡を思い出させる懐かしい風景のあるいすみ市に移り住み、93歳となる現在も日々作品を描き続けている。
 同資料館学芸員の嶺島英寿さんは、「原さんのモチーフは『木』。何度枝を切られても成長し続ける木の生命力に、原さんは心を動かされるそうです。私の好きな作品は『万喜城』。城から眺めおろしただろう桜の絵は圧巻」と話す。
 展示中の作品は全部で22点。『万喜城』と『桜』は今回の企画展のために制作されたものである。「先生の思い入れのある作品は『支え合う木』だそうです。先生が、ご自身と今は亡き奥様2人で寄り添う姿をイメージして描かれたのだとか。色に派手さはないものが多いですが、木に存在感や強さがある」と嶺島さんは説明する。その通り、『再生』や『聖夜』ではほの暗い背景にしっかりと木が立っている。枝が上を目指し伸びている姿は、見ているだけで気持ちが前向きになれそうだ。
 また伐られた木『聖樹』は260号サイズの大作である。「企画展にいらっしゃるのは年配の方が多い。ですが、生命力を強く感じる絵なので元気のない人や、ぜひ若い方々にも見てもらいたい」と嶺島さんは続けた。辛いことがあっても木のように逞しく生きてみたい。きっとパワーをもらえるだろう絵に、この夏出会ってみてはいかが。

問合せ いすみ市郷土資料館
TEL 0470・86・3708

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る