寄り添いながら強く生きたい

いすみ市郷土資料館のオススメ絵画展へゴー!

 9月23日(祝)まで、いすみ市郷土資料館(田園の美術館)で原叶人絵画展『木を描く』が開催されている。原さんは6年前に東京から、故郷福岡を思い出させる懐かしい風景のあるいすみ市に移り住み、93歳となる現在も日々作品を描き続けている。
 同資料館学芸員の嶺島英寿さんは、「原さんのモチーフは『木』。何度枝を切られても成長し続ける木の生命力に、原さんは心を動かされるそうです。私の好きな作品は『万喜城』。城から眺めおろしただろう桜の絵は圧巻」と話す。
 展示中の作品は全部で22点。『万喜城』と『桜』は今回の企画展のために制作されたものである。「先生の思い入れのある作品は『支え合う木』だそうです。先生が、ご自身と今は亡き奥様2人で寄り添う姿をイメージして描かれたのだとか。色に派手さはないものが多いですが、木に存在感や強さがある」と嶺島さんは説明する。その通り、『再生』や『聖夜』ではほの暗い背景にしっかりと木が立っている。枝が上を目指し伸びている姿は、見ているだけで気持ちが前向きになれそうだ。
 また伐られた木『聖樹』は260号サイズの大作である。「企画展にいらっしゃるのは年配の方が多い。ですが、生命力を強く感じる絵なので元気のない人や、ぜひ若い方々にも見てもらいたい」と嶺島さんは続けた。辛いことがあっても木のように逞しく生きてみたい。きっとパワーをもらえるだろう絵に、この夏出会ってみてはいかが。

問合せ いすみ市郷土資料館
TEL 0470・86・3708

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る