いなせな止まり方のウチワヤンマ

 夏の太陽がじりじりと照りつける中、開けた池や沼の中で直射日光をもろに浴びて、挺水植物や水面上に張り出した枝先に水平に止まっている、やや大型のトンボを見かける。腹部の先(第8節)が水平尾翼のように平たく突き出ているウチワヤンマだ。名前に「ヤンマ」とあるが、サナエトンボ科に属し、正確には「ヤンマ」ではない。胸の黒と黄色の縞模様がオニヤンマを連想させるので、言われるようになったのかもしれない。全長80ミリ前後。特長であるウチワ状の突起は黄色をしており、黒で縁取られている。上から見ると相撲の行司が持つ「軍配」に似ているため古くは、トンボ名に「グンバイ」と付いていたようだ。
 止まって縄張りを張っているのはオス。メスを待っているのだが、他のオスが侵入してくるとスクランブル発進をかけ追い出す。止まっている時は、前脚を複眼と胸部の間にたたんで格納し、中脚と後脚だけでバランスを保っている。その姿は、消防の出初式等で見かける江戸町火消し由来の梯子乗りの技の一つである「シャチ」の姿勢に似ていると言われる。それゆえ、「いなせなトンボ」と言われることがある。
 似たトンボに、タイワンウチワヤンマがいる。南方系のトンボで、これまで、東海地方以南が生息地域であったが、地球温度化の影響で生息域が北上していると言われ、千葉県でも近年目撃情報がある。ウチワヤンマよりも全長はやや小振り、ウチワ状の突起全体が黒く、やや小さいことから識別可能である。
 ウチワヤンマは、市原市及びその近郊の開けた池で普通に観察できる。双眼鏡があると、いなせな止まり方やウチワ状の突起をじっくり見ることができる。ひょっとすると、タイワンウチワヤンマの北上を発見できるかもしれない。ただし、日焼けや熱中症対策を忘れずに!

ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る