ソフトボールは最高!

 「転ぶなよー」青空の下、応援や手拍子、明るい野次が飛び交う。長生郡一宮町町営野球場で楽しそうに試合を繰り広げているのは、シニアソフトボールのクラブチーム『マスターズ』。親子で所属している24歳の女性から88歳の男性まで、平均年齢70歳のチームだ。「和気あいあいとやっています」と監督の海老根由憲夫(ゆきお)さん。小難しい規則や厳しいトレーニングはなし。キャッチボールやノックのあと2チームに分かれて試合をやる。打順は年齢順。全員が打席に立てるよう、1チームが9人以上の場合はバッターの人数も増える。守備は9人で行うがポジションの決定は何となく。こういった自由な雰囲気が「最高に楽しい!」とメンバーは口を揃える。本塁滑り込みなどの好プレーと豪快な空振りや凡ミスが入り混じっているのも面白い。
 20年前に、大手企業の健保組合が抱える保養所の管理人などで結成された。現在は31名のメンバーで毎週水曜日の午前8時半から11時半まで活動している。
 82歳の横山喜一(きいち)さんは「プレーしているときは年齢を忘れています」と真っ黒に日焼けした顔をつたう汗をぬぐった。60代の後輩にとってもいい刺激となっているようだ。親善試合の相手とメンバー募集中。年会費3千円。

問合せ 海老根さん
TEL 0475・42・3068

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る