楽しく上達、さらに楽しく!

 ピアノとキーボード、優しい音色のフルートと小気味よく、時にはたっぷりの迫力でリズムを刻むドラム。7人構成のバンドで地域の介護施設などを慰問し、入所者に元気を与えているのは『サウンド山武』。メンバーは50から80代で、様々な楽器経験を持つフルート担当の男性や「40年ぶりに再び叩き始めたのよ」と笑う女性ドラマーもいれば、楽器未経験で加わった人もいる。
「楽しいのが一番。練習して少しでも上手くなれば、どんどん楽しくなりますよ」と指導者の松山ますじさん。中学校吹奏楽部での指導経験があり、その指導力についてはメンバーから絶大な定評がある。
 休憩時間は和やかな雰囲気だが、練習が始まると高い集中力で演奏に取り組む。少しでもリズムの刻みが甘かったり強弱が足りなかったりすると、納得がいくまで何度もやり直す松山さん。楽器経験の浅い人にもわかりやすい丁寧なアドバイスで、それぞれのパート、ひとつ一つの音にこだわりを持ち曲を仕上げていく。「人に聴いてもらうのだから、一生懸命やらないと。先生のおかげで弾けるようになり上達している。とても楽しい」とキーボードを始めて6年になる女性。
 現在練習中の曲は『川の流れのように』、『シバの女王』など。年に10回ほどある慰問の場では、感動して涙を流す人や「また来てね」と喜んでくれる人がいて、それらがとても励みになっているという。11月3日には、のぎくプラザで行われる『山武市芸術文化祭』に出演する。興味のある方はご覧になってみては。
 活動は成東中央公民館で毎週水曜、17~19時。会費は月1500円。新規メンバー募集中。初心者大歓迎。

問合せ 千田さん
TEL 090・1123・3689

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る