思いやりとふれあい、心も健康になる麻雀クラブ

 茂原公園内にある茂原市老人いこいの家で、「飲まない、吸わない、賭けない」をモットーに健康麻雀を楽しんでいるクラブがある。千葉県生涯大学校の在校生と卒業生、60~84歳までの約50名が所属する『健康麻雀セミナー』だ。頭の体操にと同校のクラブ活動として14年前に発足した。毎週金曜の朝から夕方まで、手作りの折りたたみ麻雀卓7、8台を使い和気あいあいと対戦に興じている。
 「初心者で訳がわからないままやっています。皆さんが優しく教えてくれるから」と言いながら、たくさんの点棒を稼いでいる女性や談笑を楽しみにやって来る人もいる。対戦するメンバーはくじ引きで決めるので色々な人と交われるのもいいところ。年に2回行うクラブ内での大会では成績優秀者に賞品が出る。それを励みに腕を上げようと頑張る人も。さらに意欲のある人は、『ふれあい健康麻雀交流大会』、県大会や国内大会の先にある、ねんりんピックや国際大会への出場をも視野に入れ、国際公式ルールにのっとった対戦に打ち込んでいる。
 「麻雀だけではなく、人と人とのつき合いも楽しさの秘訣」と広報担当の市川充子さん。「礼で始まり礼で終わる。勝負も大事だが、時には負けが込んでいる人に素知らぬ顔で振り込むなど、みんなが気分よく1日を終えられるようお互いを思いやっている」と笑顔で話す。奥深い頭脳競技を楽しむとともに、心の内を話したり健康状態を気づかい合ったりできる仲間とのふれあい、居心地のよさも同クラブの魅力なのだとか。
 「対戦相手が1人足りないときに、人工知能ロボットが参加してくれたら面白いわね」と市川さんは笑う。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  ハーブの苗を買ったら、育て方やハーブの活用法まで教えてもらえたり、石に好きな絵を思いのままに描いたり……お得な買い物や、楽しい体験、あった…
  2.  毎年5月、繁殖のために東南アジア方面から、日本に渡って来るサンコウチョウをご存知だろうか? オスの明るい水色のアイリングと嘴が熱帯を感じさ…
  3.  首都圏ほかで相次ぐ自粛要請が行われている、新型コロナウイルスの予防。3月下旬から、急に感染者数が増えています。  ウイルスは人が人に移す…
  4.  先日、家の片づけをしていたら、我が子たちが小さかった頃の写真が出てきました。どこかへ旅行に行ったときの写真なのでしょう。上の子が小学生で、…
  5.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  6. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  7.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  8.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  ハーブの苗を買ったら、育て方やハーブの活用法まで教えてもらえたり、石に好きな絵を思いのままに描いたり……お得な買い物や、楽しい体験、あった…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る