仏を描き、ほっとする心を日常に取り入れて

 茂原市在住の尼僧、中谷宥恵さん(72)は毎日午前と午後の2時間ずつ、欠かすことなく仏画を描き続けている。気功師として国内外で長年活躍していた中谷さんは、いつしか仕事や人間関係に疲れてしまっていた。自らの心を鎮め、人生に感謝するため仏道に入り、比叡山延暦寺で修業して尼僧となったのは60歳の時。
 「36歳で主人を亡くし、子ども3人を必死で育てました。尼となり、仏画を描き始めて13年。画力を認めてくれた恩師に感謝でいっぱいです。不思議と筆を持つと、色合いや構図が瞼の裏に浮かびます」と話す中谷さんが、描きためてきた仏画はおよそ60枚。炭と絵具で描かれた滝や仏は見事に融合し、細部には色使いを含めたこだわりがよく見える。水の動きや光の具合を描くのは難しく、単色に見えても必ず数種が混じっていて、その時にしか出せない色の再現は不可能だ。
 今まで複数の公募展に出品し、大賞や国際美術賞など多くの受賞歴がある。それは国内に留まらずドイツやフランス開催の公募展も同様で、今年はベルギーに出品予定だ。そんな仏画が飾られているのが、中谷さんの自宅敷地内にある祈願寺恵光院である。すべて自費で建設した寺院の中で、中谷さんは「天と神はもともと1つ。ここに宗派は関係ありません。仏画の指導も行っており、みなさん自由に描かれています。法要や祈願だけでなく人生相談も受けていますし、お気軽に仏画を見にいらしてください」と語った。訪問の際は事前に一報を。

問合せ 中谷さん
TEL 090・3500・4642

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る