仏を描き、ほっとする心を日常に取り入れて

 茂原市在住の尼僧、中谷宥恵さん(72)は毎日午前と午後の2時間ずつ、欠かすことなく仏画を描き続けている。気功師として国内外で長年活躍していた中谷さんは、いつしか仕事や人間関係に疲れてしまっていた。自らの心を鎮め、人生に感謝するため仏道に入り、比叡山延暦寺で修業して尼僧となったのは60歳の時。
 「36歳で主人を亡くし、子ども3人を必死で育てました。尼となり、仏画を描き始めて13年。画力を認めてくれた恩師に感謝でいっぱいです。不思議と筆を持つと、色合いや構図が瞼の裏に浮かびます」と話す中谷さんが、描きためてきた仏画はおよそ60枚。炭と絵具で描かれた滝や仏は見事に融合し、細部には色使いを含めたこだわりがよく見える。水の動きや光の具合を描くのは難しく、単色に見えても必ず数種が混じっていて、その時にしか出せない色の再現は不可能だ。
 今まで複数の公募展に出品し、大賞や国際美術賞など多くの受賞歴がある。それは国内に留まらずドイツやフランス開催の公募展も同様で、今年はベルギーに出品予定だ。そんな仏画が飾られているのが、中谷さんの自宅敷地内にある祈願寺恵光院である。すべて自費で建設した寺院の中で、中谷さんは「天と神はもともと1つ。ここに宗派は関係ありません。仏画の指導も行っており、みなさん自由に描かれています。法要や祈願だけでなく人生相談も受けていますし、お気軽に仏画を見にいらしてください」と語った。訪問の際は事前に一報を。

問合せ 中谷さん
TEL 090・3500・4642

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る