笑顔を運ぶバルーン作り

 7月26日と8月2日、茂原市中央公民館主催事業『バルーン教室』が開かれた。講師はバルーンアーティストの小高絵美さん。26日は、モノ作りが好きな男の子や父親と一緒に来た女の子が参加し、星や水玉模様のカラフルなバルーンドールを作った
 まず、ハンドポンプを使って風船を膨らませる。子どもたちは楽しそうにポンプを押すのだが、空気が抜けたり、口がはずれて飛んだりと少し苦労している様子。隣に座った保護者の手助けで、膨らませると、今度は口を結ぶときに空気が抜けてしまい、「あー縮んだ」とがっかり。小高さんがゴムを長く引っ張り3本の指に絡めてから結ぶ方法を実演して見せると小さな手で一生懸命に真似をしていた。
 風船は結んだだけでは電球型になってしまうので長軸の方を両手で挟んで何度かキュッキュッと押して丸くするのがコツ。できたら、小さい風船4つを絡めたものを2組と大きな胴体と顔を組み立てれば完成。小学校3年生の男の子は「2体目は一人でできた。妹にあげたい」と嬉しそうに人形を抱きかかえていた。
 茂原市の七夕祭りでもバルーンアートを披露する小高さんは「実際に触れて作る楽しさを知ってもらいたい」と話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る