一緒に『楽しい』を見つけにいこう!

 昨年11月に茂原市制施行65周年記念表彰式で篤行・善行表彰を受賞した、茂原市子ども会育成連合会の渡邉友基さん(24)と上田莉子さん(22)。同会役員の渡邉さんは、「親が会の運営側にいたことがきっかけの一つで、小学校だけでなく中学や高校と学年が上がっても子ども会とずっと繋がりをもってきました」と話す。大らかな人柄で、常に「どうやったら子ども達が最大に楽しめるか」を画策しているという。
 同会は地域の子ども会活動に参加し、一年の行事をサポート。毎年7月開催の茂原七夕まつりや8月のわくわくキャンプ研修会などで子ども達を優しく、時には厳しく指導している。シニアリーダーの上田さんは、「キャンプでは小学生の全学年を組んでチームを作るため上下関係の作り方や積極的に動くという行動が自然と身に付きます。キャンプひとつにしても、小学生ではレクリエーションや飯合炊飯を大人の指示のもと動けばいいことも、中学や高校と上がるにつれて、会場設営や講師の対応など幅広いスキルが求められるんです」と説明する。
 茂原市内の子ども会に所属する人数は年々減少傾向にある。イベントの案内になればと近隣の小学校へ事前告知の便りを配布することもあるというが、「子ども会も保護者の協力があってのものなので一概に参加を強くは言えません。でも、キャンプで火をおこせない子は多くいますが、この経験は大人になって友達とバーベキューやる時にちょっと役立ったりするんですよ」と、渡邉さんは笑う。
 一年のビックイベントである夏のキャンプでは、バスに乗って信州の入笠山へ山登りに行ったり、福島県の尾瀬を散策したりしたこともある。「好きな場所をみんなで挙げて決めるんです。去年は小見川で川遊びしたから、今年は海かな」と二人は声を揃えた。子ども会の経験は習字のように目に見えて、すぐに何かが上達するわけではない。だが、「やって良かったと思える大事な経験は多いです。それに運営の計画を仲間と立てていると、意外と熱くなってしまう体育会系!」なのだとか。
 渡邉さんと上田さんも同じ小学校を卒業し、子ども会で共にリーダーを務めることで、数え切れない思い出を共有している。「中学生の時に総括というまとめ役を任されたけど、全くうまくこなせなくて悔しくて泣いたこともありました。でも、社会人になって会議のやり方とかに生かせています」、「他の人が簡単にやっているのに自分だとできない。自然と役割分担ができたよね」と話題は尽きなかった。違う学校の友達もできるのが魅力だという子ども会のサポートを2人は同会の一員として、これからも続けていく。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  2.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  3.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  4.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  5.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  6.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  7.  8月21日(日)、四街道市文化センターで開催される『家族で楽しめる弦楽四重奏』。(公財)千葉県文化振興財団と(公財)四街道市地域振興財団が…
  8.  市原市在住の早田佳穂里(そうだかほり・作家名ことほき)さんは、自身が作成した『切り絵』や『仕掛け工作』などの展示会を開催している。会場はい…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る