【勝浦市】一流のソリストとオペラを! 舞台衣装で気分を味わうキャストも募集中

『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総監督には日本を代表するソリスト(テノール歌手)である藤原歌劇団・村上敏明さんが就き、オペラ歌手であり画家としても活躍する栗原大輔さんが芸術監督として東京から毎回の稽古にやってくる。こうした豪華な指導陣は地方においてレアなケースと思えるが、両氏とも勝浦に魅せられ、ビジネス抜きの感覚で足を運んでいるという。
 そもそも、平成26年の勝浦芸術文化交流センター「キュステホール」(以下、キュステ)の開館時、勝浦市が市民参加型のイベントを企画し、栗原さんがプロデュースを依頼されたことがはじまり。栗原さんの旧友・村上さんの参加も実現し、まず合唱団員を募って村上さん企画&栗原さん監督で市民コンサートを開催。それが好評だったことから、合唱団の名称を「勝浦歌劇団」としてオペラに発展した。
 これまでに行ったのは、平成29年に『カルメン』、『トスカ』の2公演、30年にオペレッタの最高傑作『こうもり』のガラコンサート。ちなみに、村上さん、栗原さんは指導のみならずメインキャストとして登場、また、『カルメン』では市長役で勝浦市の猿田寿男市長がサプライズ出演した。そして、令和になった今年8月24日に予定されているのは、昨年に続き『こうもり』。オペラ観劇初心者でもわかりやすいようハイライト版を日本語で上演するスタイルは踏襲するものの、今回は前回とは趣向を変え、歌劇団メンバーはパーティに招待された貴族とその子息、令嬢たちという設定となっている。
 なお、勝浦歌劇団では、現在、この『こうもり』のキャストを募集中(年齢不問)。これから本番までの練習日は、7月11日、25日、8月1日、8日、22日、23日(いずれも木曜日、キュステにて)。時間は、小学生までの児童合唱部(現在13名)が17時~18時、大人の部(現在20名)が18時~21時。村上さん、栗原さんに加え、地元から新井薫さん(音楽監督)、岡田麻美さん(児童合唱部音楽監督)、伊藤栄子さんが指導に加わる。
 マリーアントワネット風の豪華なロココ調ドレスを身にまとったメンバーがにこやかに「この衣装、インターネットで1万円くらいだったんですよ」。思いっきり着飾ることができるのも、オペラの舞台ならではのことだ。でも、歌は苦手だから…という人のために、「ドレス(和服可)着用で舞台に上がり、オペラ歌手気分を味わおう!」というユニークなコースも有(参加費5千円)。こちらは予め歌の練習が不要なため、前日リハーサルからでOK。親子での参加大歓迎。みんなでとことん、オペラを楽しもう!というのが勝浦歌劇団なのである。
世界で活躍する一流のオペラ歌手と同じ舞台に…。かなり自慢できるかも。
問合せ:勝浦歌劇団
TEL.080・3600・9309

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る