お正月のお供え餅

平成最後の年となりました。
今年のお正月は30年を振り返るような感じになるかと思いきや、まったくいつもと変わらず、来客の準備で忙しいまま、終わってしまいました。

そのお正月で、わが家でこの平成の間に変わったことと言えば、お供え餅の飾り方。自宅で餅つきをする兼業農家のわが家では、お供え餅も自分たちで丸めます。

日本の神様は、自分たちの祖先から繋がれた一族を守ってくれる氏神様、日本を守ってくれる天照大御神(アマテラスオオミカミ)、台所(かまど)の荒神(こうじん)様、疱瘡(ほうそう・天然痘)から守ってくれる疱瘡神、出雲大社などの八百万(やおろず)神など、まあ、いっぱいいるわけです。

なので、手のひらサイズの丸餅を二つセットにして、全部で12組作り、以前は、神棚だけでなく、外の納屋とか敷地内のいろいろなところにお供えしていました。今は、お供え餅のセット数は変わりませんが、ずらりと床の間に並べて、飾る手間を省いています。
お飾りにするには、外のあちこちまで全部掃除しないといけません。昔のような大家族だったら手分けしてできますが、核家族になると、さすがにそれは時間がかかりすぎて無理なので、思い切って簡素化した次第。

自然に乾燥するお餅はどんどんひび割れてくるので、1月4日には下げて、ぱきぱき手で割って(刃物を使ってはいけないそうです)天日干し。本当は鏡開きの11日か15日に割って雑煮にするようですが、わが家はからからになって細かくなったお餅を、油で揚げておかきに。美味しい冬のおやつにしています。

編集部 米澤

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る