お正月のお供え餅

平成最後の年となりました。
今年のお正月は30年を振り返るような感じになるかと思いきや、まったくいつもと変わらず、来客の準備で忙しいまま、終わってしまいました。

そのお正月で、わが家でこの平成の間に変わったことと言えば、お供え餅の飾り方。自宅で餅つきをする兼業農家のわが家では、お供え餅も自分たちで丸めます。

日本の神様は、自分たちの祖先から繋がれた一族を守ってくれる氏神様、日本を守ってくれる天照大御神(アマテラスオオミカミ)、台所(かまど)の荒神(こうじん)様、疱瘡(ほうそう・天然痘)から守ってくれる疱瘡神、出雲大社などの八百万(やおろず)神など、まあ、いっぱいいるわけです。

なので、手のひらサイズの丸餅を二つセットにして、全部で12組作り、以前は、神棚だけでなく、外の納屋とか敷地内のいろいろなところにお供えしていました。今は、お供え餅のセット数は変わりませんが、ずらりと床の間に並べて、飾る手間を省いています。
お飾りにするには、外のあちこちまで全部掃除しないといけません。昔のような大家族だったら手分けしてできますが、核家族になると、さすがにそれは時間がかかりすぎて無理なので、思い切って簡素化した次第。

自然に乾燥するお餅はどんどんひび割れてくるので、1月4日には下げて、ぱきぱき手で割って(刃物を使ってはいけないそうです)天日干し。本当は鏡開きの11日か15日に割って雑煮にするようですが、わが家はからからになって細かくなったお餅を、油で揚げておかきに。美味しい冬のおやつにしています。

編集部 米澤

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る