お正月のお供え餅

平成最後の年となりました。
今年のお正月は30年を振り返るような感じになるかと思いきや、まったくいつもと変わらず、来客の準備で忙しいまま、終わってしまいました。

そのお正月で、わが家でこの平成の間に変わったことと言えば、お供え餅の飾り方。自宅で餅つきをする兼業農家のわが家では、お供え餅も自分たちで丸めます。

日本の神様は、自分たちの祖先から繋がれた一族を守ってくれる氏神様、日本を守ってくれる天照大御神(アマテラスオオミカミ)、台所(かまど)の荒神(こうじん)様、疱瘡(ほうそう・天然痘)から守ってくれる疱瘡神、出雲大社などの八百万(やおろず)神など、まあ、いっぱいいるわけです。

なので、手のひらサイズの丸餅を二つセットにして、全部で12組作り、以前は、神棚だけでなく、外の納屋とか敷地内のいろいろなところにお供えしていました。今は、お供え餅のセット数は変わりませんが、ずらりと床の間に並べて、飾る手間を省いています。
お飾りにするには、外のあちこちまで全部掃除しないといけません。昔のような大家族だったら手分けしてできますが、核家族になると、さすがにそれは時間がかかりすぎて無理なので、思い切って簡素化した次第。

自然に乾燥するお餅はどんどんひび割れてくるので、1月4日には下げて、ぱきぱき手で割って(刃物を使ってはいけないそうです)天日干し。本当は鏡開きの11日か15日に割って雑煮にするようですが、わが家はからからになって細かくなったお餅を、油で揚げておかきに。美味しい冬のおやつにしています。

編集部 米澤

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る