不思議な不要品のオブジェと鉄のコラージュのワークショップ

 11月21日から23日、28日、29日に開催されたアートいちはら2015秋。旧里見小学校のIAAESでは、『新しい学校』として、継続的に制作している作家の公開制作、ワークショップ、展示などに多くの作家が参加した。
 入り口の里山食堂の一角では、吉田和司さんの『吉田事物屋』が作品を展示。不要になったものを分解、手を加えたものは、視点を変えて楽しむ『造形』で、魔法瓶の中のガラス瓶、バイクのマフラーや秤の部品、注ぎ口をなくしたケトル、イスの背もたれなどが並ぶ。馴染みの製品の一部でも、一見分からないものも多く、不思議で楽しい感覚だ。「廃棄される多くの日用品のなかにインスピレーションの湧く形や、使用方法の分からないものがあり、そこに面白さがあります。アンティークとはまた違う、年月を経た中に楽しい『何か』を感じてもらえれば」と吉田さん。気に入ったものは購入もでき、「受け手に渡ることによって活かされ続く作品」だという。
 校舎1階の一番奥は、小沢敦志さんの『地熱の扉』の工房。巨大な岩のような鉄の彫刻を、長期にわたり作り上げていくプロジェクトで、市内で収集した様々な鉄の廃材を、熱し叩き、平らにして再構築する。その鉄材を使って行われたワークショップ『いちはらザウルスを作ろう』は、好評の鉄のコラージュ。小さめの様々な形の部品を板の上に並べて自由に表現。パズル感覚で誰でもでき、子どもだけでなく、大人も夢中になっていたという。「今回は、地域60軒の一般宅をまわり、鉄の廃材を集めました。ひとつの地域の廃材を再構築することで、その土地の歴史が作品に残っていくイメージです」と小沢さん。最終的には人の背丈の2倍以上の巨大な鉄の岩になるという。今回のワークショップ作品も、その一部として、化石のように埋め込んでいくそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る