不思議な不要品のオブジェと鉄のコラージュのワークショップ

 11月21日から23日、28日、29日に開催されたアートいちはら2015秋。旧里見小学校のIAAESでは、『新しい学校』として、継続的に制作している作家の公開制作、ワークショップ、展示などに多くの作家が参加した。
 入り口の里山食堂の一角では、吉田和司さんの『吉田事物屋』が作品を展示。不要になったものを分解、手を加えたものは、視点を変えて楽しむ『造形』で、魔法瓶の中のガラス瓶、バイクのマフラーや秤の部品、注ぎ口をなくしたケトル、イスの背もたれなどが並ぶ。馴染みの製品の一部でも、一見分からないものも多く、不思議で楽しい感覚だ。「廃棄される多くの日用品のなかにインスピレーションの湧く形や、使用方法の分からないものがあり、そこに面白さがあります。アンティークとはまた違う、年月を経た中に楽しい『何か』を感じてもらえれば」と吉田さん。気に入ったものは購入もでき、「受け手に渡ることによって活かされ続く作品」だという。
 校舎1階の一番奥は、小沢敦志さんの『地熱の扉』の工房。巨大な岩のような鉄の彫刻を、長期にわたり作り上げていくプロジェクトで、市内で収集した様々な鉄の廃材を、熱し叩き、平らにして再構築する。その鉄材を使って行われたワークショップ『いちはらザウルスを作ろう』は、好評の鉄のコラージュ。小さめの様々な形の部品を板の上に並べて自由に表現。パズル感覚で誰でもでき、子どもだけでなく、大人も夢中になっていたという。「今回は、地域60軒の一般宅をまわり、鉄の廃材を集めました。ひとつの地域の廃材を再構築することで、その土地の歴史が作品に残っていくイメージです」と小沢さん。最終的には人の背丈の2倍以上の巨大な鉄の岩になるという。今回のワークショップ作品も、その一部として、化石のように埋め込んでいくそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る