~イヤイヤ期の対処法と心構え~

 素直で可愛かった天使のような赤ちゃんはどこへやら?2歳になったと思ったらイヤイヤが始まり、ヘトヘトになっているママを時々見かけます。
 イヤイヤ期とは一般的に「第一反抗期」と呼ばれ、母と子の意見がぶつかりあう時期のことを指します。「魔の2歳児」なんて言われるくらい大変な時期ですね。でも心配しないで、悪い子になったのではなく、子どもが自立しようと奮闘している成長の証しなんです。通常は2~3歳がピーク期で反抗が最もひどくなり、意思疎通ができるようになる4~5歳で大体おさまると言われています。
 中にはイヤイヤがひどくなり、生活に支障が出ている人もいます。なかなか家に帰りたがらず、家に帰るのは暗くなってから。結局寝る時間も遅くなるという悪循環に陥り、その結果、子どものイヤイヤに付き合いすぎて、自分を見失ってしまうママもいるようです。生活に支障が出るような場合は、時間を決めてしまうのも一つの手。午前中は子どもの遊びに付き合う、夕方4時までには家に帰り先にお風呂に入れて、7時までには夕飯を食べさせ、なるべく8時までには寝かせつける。というように、基本的な生活時間を決めておいて生活をすると楽ですね。
 母も子も、お互いに折り合いをつけて、どちらか一方だけ我慢をすることのないように、家族にも協力してもらいながら、この時期を乗り越えていってほしいですね。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る