えっ!ここも海だった

 長生郡長南町郷土資料館にて2月18日(日)まで冬の展示『郷土の縄文海進~古長生湾があった時代』が開催されている。『縄文海進』とは今より気候が温暖だった縄文時代に氷河が解け、海面が上昇した現象。九十九里平野では海水が現在の旭市刑部岬からいすみ市太東岬間を覆い、広い湾を作った。ピーク時には海岸線が内陸にある長南町まで迫ったという。
 かつて海だった旧茂原市庁舎の工事で出土したクジラの骨、当時の海岸を訪れた縄文人が遺していったかのような茂原市新小轡遺跡出土の土器など、縄文時代の遺物からダイナミックな自然の変化を探る展示がされている。学芸員の風間俊人さんは「普段の生活の場が昔どのような環境だったのか考えるのは楽しいですよ」と企画理由を話す。
 長南町の岩川と芝原、睦沢町上之郷、茂原市の長谷と下永吉には海の砂泥底などに潜むハマグリ、アサリなどの貝類の化石を含む地層がある。いすみ市の新田野貝塚は内湾に生息する貝種が主体の層と汽水に生息するヤマトシジミが主体の貝層があり、時期による環境の変化を知ることができる。海岸は砂の堆積による浜堤ができ、しだいに陸に近い部分が閉じて、潟湖も形成されたらしい。縄文海進は縄文晩期から弥生時代にかけて終息。海水面低下や地盤隆起によって海は姿を変え現在に至る。
 風間さんは、長楽寺川付近にある自然貝層から最近採取したという貝を「これから展示します。当時の風景の中にいる自分を想像しながら見てください」と大事そうに見せてくれた。入館無料・開館9~16時期間中無休

問合せ 同資料館
TEL 0475・46・1194

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る