自ら考え、自由に遊ぶ

 大網白里子育て支援ネットワーク協議会が「外でおもいっきり遊ぼう!」をテーマに、平成21年に開いた『エコパーク大網白里子ども村』。当時は竹やぶで覆われていた土地を、同会が地主の好意で借り受け整備した。「自分の責任で自由に遊ぶ 君たちが主役です!!」が基本理念。同村では、子ども達は自然を相手に自ら遊びを考え展開していく。鋸(のこぎり)や金槌(かなづち)なども自由に手にすることができる。長い竹でクリを落とす子がいれば落ちたクリを金槌で叩いてみる子も。竹製のブランコと階段、木と木の間に張ったロープなどの遊具もスタッフと共に子ども達が作ったものだ。「何度も来ていると鋸など道具の使い方が上達します。遊び方に制限を設けると萎縮したり人に頼ったりする子がでてくる。よほど危なくない限り注意はしないが、事故は一切起きていません」と同会代表の丸田光男さん。米を持参し、自分で作った竹釜でご飯を上手に炊き上げる子もいる。「電力を使わずに自然の中で生きていける力を身につけてほしい。災害時にも役立ちます」と話す。普段は遊具となっている上総掘りのヒゴ車もみんなで協力して作ったもの。掘削体験もできる。
 毎月第2日曜はイベント開催日。9月は『まきまきパンをつくろうよ』が行われ、小学生の親子約30名が参加した。粉を混ぜてパン生地を作り、生地を巻き付ける竹を鋸で切る。節と節の間に錐(きり)で穴を開け、発酵させた生地を竹に巻き付けて焼く。子どもたちは「うめぇー」と焼きたての『まきまきパン』をほおばっていた。11月9日、10時からは『かざり炭づくり』を行う。
 第4土曜は村の開放日。小学生低学年は親子同伴で、高学年は自分の責任で遊べるなら子ども達だけでOK。見守りスタッフがいるので安心だ。よく遊びに来るという小3の男子は「自然の中で年の違う子と遊べるのが楽しい」と生き生きとした笑顔で話した。スタッフ募集中。

問合せ 大網白里まちづくりサポートセンター
TEL 0475・72・8278

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る