白球にチームの熱い思いをのせて  茂原ジニ【茂原市】

『茂原ジニ』ソフトボールチームは、毎週日曜日の午後、茂原市立萩原小学校校庭で練習している。茂原にある唯一のシニアソフトボールチームで、年齢59才以上が入部の条件だ。12時半、ブルーのユニフォーム姿のメンバーが集まり、ウオームアップのランニングとラジオ体操、キャッチボール、バッティング・守備練習というメニューを16時までこなす。夏期8月と冬期12月、1月は練習を休み、年間の練習日は30日程。加えて練習試合が年間平均15試合、茂原市長杯や茂原ソフトボール協会会長杯などの公式大会に年2回参加している。
第3代監督の直塚勝之さんは、2004年2月の創部当初からのメンバー。「シニアチームなので、病気やケガで休部するメンバーもいます。現在は14名で実力はバラバラですが、和気あいあいと楽しく活動しています」と話す。ほとんどの部員が硬式・軟式野球、ソフトボールの経験者だ。チーム最高齢80才の斎藤武夫さんは、「体力維持のため、毎日4キロのウォーキングを欠かしません。そのおかげでプレーできていると思っています」と、ボールさばきも軽やかだ。ピッチャーの神津光弥さんは、闘病の為10年間のブランクがあったが、懸命なリハビリを経て、今年念願の復帰を果たした。バッティングピッチャーを務め、1日の練習で50球以上投げる。その他にも、市原市と千葉市のチームにも掛け持ちで参加し、シニアの千葉県大会で優勝、全国大会出場経験数回というメンバーもいる。
 練習試合の相手は、東金市のシニアチーム『東金M.M.G(まだまだかんばるず)』と茂原市で40代の選手が中心の『ゴールデンウォーターズ』。「校庭を1年通して貸していただいているので、おかげで試合会場にも苦労しません。試合相手にも恵まれています」と直塚さん。
フリーバッティングでは、バッター以外全員が守備につく。「さあ、来い!」「ナイスボール」「ナイスキャッチ」と威勢のいい掛け声が上がる。金属バットの音が響き、ボールがグラブやミットに吸い込まれる音も耳に心地よい。たまにボールをそらして守備が乱れると、「ごめん、ごめん」「気にしないでー」とご愛嬌も。毎週真剣に白球を追い、仲間と汗を流すグラウンドでの時間は、選手たちにとってかけがえのないものとなっている。
『茂原ジニ』は、新メンバーを募集中。人数が増えれば練習で紅白戦もできるが、せめてあと2名欲しいとのこと。一緒にプレーをしたいという方は、是非問い合わせを。
問合せ:茂原ジニ・直塚さん
TEL.0475・22・0462

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る