おかげさまで7周年 本場韓国家庭料理店 大長今(テジャングム)

 高級店を思わせる外観・店内、ちょっと敷居が高いイメージだが、韓国の日常で食べられている家庭料理をゆったりと楽しめるお店。
リピーターが多く、都内の韓国料理店に通う方も常連さんでいるほか、カップルや家族連れも多数来店している。オープン当時は宮廷料理が中心だったが、2年前、女性オーナーシェフが韓国への一時帰国を機に家庭料理を紹介するお店に。
料理は食材にこだわり、化学調味料は一切使わず手間をかけて味に深みを出し、コチュジャンや味噌などは自家製、調理用の醤油も韓国料理に合うようにアレンジしている。
塩は、料理に合わせて韓国の天然塩を仕入れている。また自家製のキムチは、オーナーの韓国の実家で作った1~2年物もある。
「実家では全てのものを手づくりするのはあたりまえ。韓国の家庭料理をたくさんの方に楽しんでもらいたい。そして料理を通じて、もっと韓国の文化に触れてもらえればうれしい」とオーナー。
一品ずつの量も2~4人前あり、ボリュームも満点。そんなこだわりの料理の中で、お客様が必ず注文する絶品メニューが、韓国海苔に自家製つけダレをつけたふっくら厚みのあるチヂミと自家製ナムルやキムチをのせて食べる「海鮮ネギチヂミ」。
「メニューにない物でも言ってください。何でも作ります。また、辛さの調整や食材の好みも言ってください」とオーナーは語る。

営業時間以外に仕込み時間がかかるため夜だけの営業だが、5名以上で前日までに予約すればランチタイムも対応してくれる。
今後、簡単な韓国語を学びながらの料理教室を企画中。今年は大長今から目が離せない!

●海鮮ネギチヂミ 韓国海苔、キムチ、ナムル付
 (2~3人前)1,580円
●石焼ビビンバセット
 1,580円
●サムダンバラセット(鶏卵チム付)
 (2~3人前)2,500円
●サムゲタン
 (3~4人前)2,500円
●お好みコース
 3,000円~

※3名以上 要予約

本場韓国家庭料理店 大長今(テジャングム)
住所/市原市五所1754-4
営業/17:30~22:00 (LO 21:30)
定休日/月曜日
TEL/0436-21-2133


大きな地図で見る

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る