姫路城を見学して来ました。

 10月初旬のお休みに、世界遺産で国宝の姫路城を見学に行ってきました。
好天に恵まれ、姫路の駅からまっすぐに伸びた通りの真ん前にお城が見えて景観は抜群。

 平成の大改修が終わって、色が塗り替えられ、城主・池田輝政公が改築した当時の白鷺城の名の通り真っ白な姿が広がっていました。

 お城に近づくとお堀の側にコスプレした門番さんや武将さんがいて背景と一緒に写真が撮れるサービスも。 その日はちょうど国慶節の最中で、中国からの観光のお客さんがいっぱい。カメラのボタンを押してもらうためにお願いすると、ほぼ中国の方。
それでもすいている方だと言われ、早速天守の見学に。

 チケットを買って門をくぐると、二ノ丸からの眺めも格別。五層七階建ての天守は複雑に入り組んだ城郭に守られてなかなか前に進めません。(上に行くほど混んでいるのもあります。)やっとの思いでお城に入ると中はかなり涼しく快適。でも人波は上に行くほどギュウギュウに。とても急な階段を何度も登って、最上階の天守閣に。上には神社?のような鳥居?がありお参りしてきました。


 やっとの思いで天守を降りて、今度は西ノ丸へ。千姫が住んでいたという西ノ丸。自分としては、姫路城をみるならこっちの角度から眺めるのが一番だと思うほど美しい景色。
およそ2時間ちょっとの観光で姫路城を満喫できました。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る