本格和スイーツ発見『蕎麦生あんみつ』

 国道126号沿にある『みのりの郷東金』の農産物直売所で極上の和スイーツを見つけた。農産加工品コーナーで販売されているのはローカロリーで注目される寒天と抗酸化作用のあるルチンを含むソバ茶で作った『蕎麦生あんみつ』。
 まずひと口、何もかけずに琥珀色のソバ寒天だけを味わうと寒天独特のホロリと崩れる歯ごたえと共に香ばしいソバの香りが口の中に広がる。とろりとかける黒蜜は水あめなど余計なものを一切加えない、沖縄産の黒砂糖数種類をブレンドした本物の味。別添えの砕いたソバの実をふりかけて口にいれるとツブツブ感の虜になる。さらに甘さを抑えた粒あんとともにいただけばまさに口福。作り手のこだわりが伝わってくる。
 手軽に容器のまま食べるのも美味しいが、できればお気に入りの器に盛って、好みの果物やアイスクリームを添えると高級甘味処にひけをとらない贅沢なマイあんみつを楽しめる。冬は暖かいお部屋でいただくのが小粋な食べ方。何かとお付き合いの増える季節に自然派健康志向の気の利いた手土産として持参すれば喜ばれること間違いなし。お値段は430円と少々張るが至福の味をお裾分けできる。消費期限は生ケーキや上生菓子同様、たった2日。甘味通の間ではすでに評判だ。詳細は『貴匠庵』女将のブログにて

問合せ みのりの郷東金
TEL 0475・53・3615

人気のため品切れになることが多いので、予約がおすすめ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る