フクアリペーパークラフト

 

弊社で販売しております「フクアリペーパークラフト」をご存知でしょうか?
最近の子どもたちが「モノを作る楽しみ」を知らなかったり、「モノを作り上げたときの喜び」を体験したことがなく、人生を無難に過ごしている話が話題になった時に「子どもたちに夢を与えることのできる商品を作りたい」と考えて商品化を進めたのが、2013年でした。
進めているうちに会社を定年退職された方からも「老後の認知症防止のためにも手先を動かしたり夢中でモノづくりができることはいいことだ」というお話をいただき、より一層商品化させなくては…という気持ちも強くなりました。
商品化するのには簡単ではありませんでした。
フクアリをペーパクラフト化するための設計士さんが必要です。何人かお会いしましたが、苦笑いの方も・・・。
これだけデジタルが発達している世の中にあえてアナログ的な「ペーパークラフトの設計」という話はみなさん、話半分で手ごたえを感じることができませんでした。
同時に管轄である千葉市さんの許可も必要でした。こちらも簡単ではありません。設計士さんが決まっていない状況ではなかなか承認ももらえませんでした。

約1年ほどしたときでした。
都内にスタジアムのペーパークラフトの設計を仕事としている方がいることを知り、即座に足を運ぶと彼も大喜びで引き受けてくださいました。
すると、滞っていたことが次々とトントン拍子でOKに。千葉市さんも快諾をいただきました。
ちょうど、2015年10月16日がフクアリ10周年ということもあり、ホームとしているジェフユナイテッド株式会社さんからも快諾。
商品化を目指して2年後に無事商品化することができました。

みなさんから「完成品を見たい」「完成品を置いておきたい」というご要望があり、8個ほど制作。
現在も4か所ほど置いてあるので残りの4個をとりあえず重ねてみました。

良かったらみなさんも制作してみてください(^^)

by Tanimura

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る