ワイナリーを訪ねて

 猛暑の休日、約10年ぶりに栃木県足利市にあるココ・ファーム・ワイナリーへ。ワイナリー巡りが大好きだった母が5年前、75歳で亡くなってからはワイナリーへは出かけなくなった。でも、障がいを持つ息子さんのいる友人が、成人対象の知的障がい者の更生施設『こころみ学園』の園生の保護者たちが同園の考え方に賛同し出資して設立されたワイナリーということを知り、お気に入りのワイナリーのひとつだと話していた私を思い出し一緒に行ってとのこと。
 各地のワイナリーへ母を連れて行くときは、いつもドライバーだった私。現地でワインを飲むことは叶わず、毎回、お土産で買って宅飲み。よし!今回は飲めるぞ~!
 カフェで、赤・白・ロゼのグラスワイン3種&生ハムとチーズの盛り合わせ『ティスティングトリオ』、そのあと美味しいと感じた赤ワインを2杯追加、サイドディッシュやサラダ、パンが盛り込まれたプレートランチ、ぶどうの濃縮ソースがけソフトクリーム『ヴィンコット』、締めはコーヒーでなくマスカットジュースを。カフェの前に広がる急斜面のぶどう畑を眺め散策中、園生らしき男性に出会った。笑顔で挨拶してくれ、私たちがワインもジュースも料理も美味しかったと伝えると、とても嬉しそうに頷いた。帰路、車中で友人は「今度は息子と一緒に行くわ」と言った。(内田)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る