粘菌学校講演

粘菌博物館

私たちはNPO知的コミュニケーション研究機関連合(NPO AIIC)の付属として今年6月に
粘菌博物館を開館しました(シティライフ紙でも紹介)。粘菌は20億年を生き継いでいる生き方や環境に応じて姿や働きを変えること、コンピュータのような知的な行動を行うことのため世界中で関心を呼んでいます。博物館はそのような粘菌の不思議を紹介する施設として利用されています。
さらに詳しく粘菌を観察、理解するために粘菌学校を開きました。
12月3日は「土壌微生物の不思議」土壌微生物研究所 所長石井一行氏の講演を行います。

種 類
粘菌学校講演
活動日時
毎月 第一土曜日12時半から13時半 今月は12月3日土曜日
活動場所
市原市東国吉495粘菌博物館
会 費
NPO会員は300円、非会員は500円 資料込

お問合わせ先

お名前

株式会社石井商事 石井守(粘菌博物館館長)

電話番号

0436-52-0014

メールアドレス

npo_aiic@yahoo.co.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る