自分も仲間も楽しめるダンスを~ダンス教室主宰 堀切徳彦さん~【市原市】

【写真】教室の講師と子どもたち

 

 JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの名で知られている。昨年は、ダンス教室で学ぶ子どもたちの中から、全国ダンスパフォーマンスコンテスト全国大会と、エイベックスのキッズオーディション「キラチャレ」で、それぞれグランプリ受賞者が出た。「中学2年で初めて友人たちと体育館で踊ってからヒップホップダンスに夢中になって、気づけば教え子がダンサーとして活動する歳になっていますね」と快活に笑う。

親との約束

 堀切さんの高校時代は野球少年。拓大紅陵高校野球部で、寮に住み、補欠だったが野球を頑張っていた。一方、ダンスの楽しさも忘れられず、夜、こっそり寮を抜け出しては駐車場で一人練習していた。「寮長にばれて、野球以外をやるなら帰れ、と怒られました」。本格的にダンスに邁進したのは進学してから。堀切さんが衝撃を受けた、ヒップホップダンサー・いとうなおき氏のダンス教室に通い、大学のダンスサークルほか、あちこちで踊って修行した。「絶対にダンスで生きていく、と決めていました。就職活動をせず、父から『会社員にならないなら見える形にしろ』と言われたので、土下座して29歳までにダンス教室のスタジオをつくる、と約束しました」

 プロとして活動したのは24歳から3年ほど。渋谷を中心に、宇多田ひかるやEXILE、KICK THE CAN CREWなどのダンサーの仕事をしたのもその頃だ。20代後半には、堀切さんは父親との約束通り、ダンス教室を市原で始める。「高校の時に両親が市原に引っ越していたのが、立地選びの元になったと思います。最初はyouホール(現いちはら子ども未来館)で部屋を借り、自分でチラシを作って配りました。五井のスポーツ教室でダンス講師をしたり、市原のダンス仲間と五井駅前で踊ったりもしていましたね」。千葉市緑区古市場で、独立したダンススタジオ・ネルソンをオープンしたのが29歳。まだ東京在住で、通いながら講師と教室経営を行った。「勢いでやっていたのはあります。子どもたちに教えるのも楽しくて、大きな音をかけて大声で指導しながら踊ってました。喉に負担かかって、ポリープを取る手術までしましたね」。オープンしたスタジオに父親はとても喜んだ。鏡の前でゴルフのスイングを確認していた姿は、忘れられないそうだ。

夢を後押し

子どもたちと踊る堀切さん

 ヒップホップを始めとするストリートダンスの魅力は「良くも悪くも自由」と堀切さんは言う。荒々しい動作も柔らかい動きも、好きに組み合わせて表現する。初心者がすぐに踊れるステップがあり、誰もが入りやすく、レベルアップの成果も出やすいという。「パワーの発散や感情の解放、自分を引っ張ってくれるエネルギーの爆発。メッセージの主張も強い。大きな音でガンガン踊ったり。髙田馬場で夜中のダンスバトルに通っていた時は、クランプというジャンルで、これも衝撃を受けたダンス。ロスで生まれた攻撃的な振り付けが特徴で、集まっていた人たちも凄かったですよ。三代目J SOUL BROTHERSのメンバーもいましたから」

 子どもたちの夢も様々。ダンス強豪高校への入部や、プロダンスリーグ『Dリーグ』のプロダンサー、ダンススタジオのトップを決める全国大会。「子どもたちの上を目指す熱意は凄いです。経験を積ませたいので、選抜チームでチャレンジしたり。ダンスを通じて自信をつけて欲しいとも思います」

インスタグラムはこちらから

 2年前に浜野駅前に移転した教室は、来年15周年になる。五井駅前の教室は今年で6年。カルチャースクールやサークル運営などもあり、優秀な講師も多数。自分の体ひとつで楽しんできたダンスは、皆が集まる場所になり、コミュニティの場にもなっている。インスタで配信した動画も人気だ。「ヒップホップのベーシックなステップを分かりやすくやったら、なぜか反響が出て。40代のおじさんが踊ってるのが面白かったのかも。これからも、自分も楽しく、気持ち良く汗をかいてスッキリする、人生に明るくプラスになる笑顔の絶えないダンスを伝えたいです」と堀切さん。最後に「親孝行もしたいですね」と付け加えた。

 

・8/1~新規体験あり

教室の詳細はHPにて

https://studio-nelson.jp/

 

『この記事のご感想をお聞かせください』


男性女性


10代20代30代40代50代60代以上


とてもよかったよかったどちらでもないよくなかったとてもよくなかった


毎週読んでいる月に2回ほど読んでいる月に1回ほど読んでいるあまり読んでいない

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る