長南の新鮮食材をぎゅっと集めて盛合せ!~ちょうなん西小カフェ~【長南町】

【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右)

 

『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリノベーションした宿泊施設『仲間と泊まる学校ちょうなん西小』にオープンして6年。広く校庭が見渡せる元職員室がカフェに生まれ変わり、日頃から地元の人や観光客でにぎわっている。

ちょうなんプレート

 売出し中の新メニューは、1日10食限定の『ちょうなんプレート』(税込1100円)。千葉丼コンテスト学校給食部門で最優秀賞を獲得した『長南丼』をカフェ風にアレンジしたものだ。旧西小卒業生スタッフの「給食で大好きだった長南丼をまた食べたい」という言葉が新メニュー創作のきっかけとなった。ご飯は長南産コシヒカリと古代米。鶏ひき肉に豆腐・シイタケ・枝豆・人参・蓮根のすりおろしを練り込み、海苔と厚切りの蓮根ではさんで揚げたつくねを特製のタレがひきたてる。つけあわせの野菜は、サニーレタス・水菜・紫キャベツ・ズッキーニ・ナス・カボチャなど。汁物も添えられる。豆腐に蓮根、野菜の多くも長南産だ。「つくねの甘辛いたれでご飯がすすみます」と話すのは開店当時からのスタッフの長沼結子さん。5月から夫の信啓さんと同カフェの経営に携わり、新スタートをきった。

りんごのコンフィのパンケーキ

 茂原から夫婦で訪れた女性は、「今週はもう2度目。どの料理にも野菜が沢山で野菜好きにはたまりません。スタッフの方がフレンドリーで、『あっ、また来てくださった』と声を掛けてくれるとうれしくなります」。町内からの女性は、「以前スープカレーの評判をきいて食べたら本当においしかったので、姉を連れてきました。お肉もジャガイモも具がゴロゴロとして大きい」。「子どもを遊ばせられて、おいしいものが食べられるところを調べてきました」と来店したのは幼児連れの2組の親子。店内にはお絵かきのテーブルも用意され、カフェの入る地域交流棟の2階のベビールーム・キッズルーム・図書室と、校庭の遊具エリアは一般も利用できる。またテラス席ではペットと共にくつろげる。

 スイーツではパンケーキ、自家製ジェラート、カヌレが人気。「パンケーキは生地にメレンゲとヨーグルトを混ぜ、口どけよく仕上げました。写真で見るとこんなにたくさんと感じるボリュームでも、サクサクと食べられる軽さです」と結子さん。ジェラートはバニラ、ミルク、チョコ、ストロベリー、プラリネの5種のフレーバーがあり、カヌレは長南産米粉100%で焼き上げている。ジェラートとカヌレはテイクアウトも可能。「みなさんが気軽に利用できるような温かい場所を目指しています。ぜひお立ち寄りください」。詳しくは問合せを。

 

問合せ:ちょうなん西小カフェ

    長沼さん

Tel.080・2028・2579

定休日:月曜・火曜 

営業時間:11時~17時

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る