お寺の骨董市で、あんな物やこんな物をゲット!?

 毎月第4日曜日、市原市惣社にある上総国分寺では朝9時から14時まで『骨董市・フリーマーケット』が開催されている。国分寺骨董市事務局の石渡憲夫さんは、「上総国分寺さんは約1200年続く歴史のあるお寺。骨董市が開かれるようになってもう3年が経つ。整備された住宅街の中で自然を保ったこの場所は環境がよく、雰囲気が好きだと言ってもらえることが多い」と話す。
 市には約30店ほどが出店、文具や反物、貨幣や絵画など様々な物が並ぶ。また、タイプライターやフラスコなど一風変わったお洒落な物品も。「檀家さんの中で、普段の付き合いでは知らなかったが、市を通してそういう趣味があったのかと再発見できた方もいました。県をまたいで遠方からみえる方も多く、大変嬉しいです」と話すのは、住職である大谷則夫さん。
 毎回平均200人以上が訪れる国分寺骨董市。「出店するには事前申し込みが必要。また、偽物のブランドや条約に違反しない物の販売が条件。市原市の宣伝のつもりでやっているし、出店数をこれからさらに増やせれば」と石渡さん。訪れた客のなかには、「毎週来るの!」と楽しそうに話し、両手に野菜や織物を抱える女性の姿も。開始1時間も過ぎると、いつのまにか境内は大勢の人でにぎわいを見せていた。

問合せ 石渡さん
TEL 090・3047・8216

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る