デコブラウニー誰にあげようかな


 キラキラ光る粒玉、カラフルなクマやハート型の砂糖菓子でトッピングしたブラウニーを作る、辰巳公民館主催事業『体験菓子作り教室 バレンタイン』が2月1日に開かれた。参加したのは3年生から6年生までの女の子20人。
 はじめに50度から60度のお湯に浮かせたボールにチョコレート70g、無塩バター20g、生クリーム30gを入れ湯煎しておく。溶けるのを待つ間に薄力粉30g、ココアパウダー5g、ベーキングパウダー小さじ4分の1を一緒にふるう。別のボールに卵1個をほぐし、砂糖30gを加え泡だて器でかき混ぜ、溶けたチョコレート類のボールの中へ。さらに粉類をもう一度ふるいにかけながら混ぜ合わせる。分量は直径7センチのカップ4個分。
 講師から手順や道具の扱い方を聞いた子どもたちは、交代しながら仲良く作業を進めたが、トロリとした種をカップに移すころには手や顔がチョコだらけ。カップを予熱した180度のオーブンに入れ、調理室に焼き菓子のいい匂いが漂いはじめると「お腹が空いた」と訴える子どももいた。焼き時間は約20分。

 仕上げは女の子たちが「一番楽しかった」と話した飾り付け。チョコのデコペンをぬるま湯にあてて溶かし、焼きあがったブラウニーに花、星、ネコなど好きな柄を描いた。さらに好みの飾りをつけて完成。
「仲の良い友だちにあげる」という5年生や「ひとつ自分で食べてあとはパパにプレゼントする」という3年生も嬉しそうに持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る