デコブラウニー誰にあげようかな


 キラキラ光る粒玉、カラフルなクマやハート型の砂糖菓子でトッピングしたブラウニーを作る、辰巳公民館主催事業『体験菓子作り教室 バレンタイン』が2月1日に開かれた。参加したのは3年生から6年生までの女の子20人。
 はじめに50度から60度のお湯に浮かせたボールにチョコレート70g、無塩バター20g、生クリーム30gを入れ湯煎しておく。溶けるのを待つ間に薄力粉30g、ココアパウダー5g、ベーキングパウダー小さじ4分の1を一緒にふるう。別のボールに卵1個をほぐし、砂糖30gを加え泡だて器でかき混ぜ、溶けたチョコレート類のボールの中へ。さらに粉類をもう一度ふるいにかけながら混ぜ合わせる。分量は直径7センチのカップ4個分。
 講師から手順や道具の扱い方を聞いた子どもたちは、交代しながら仲良く作業を進めたが、トロリとした種をカップに移すころには手や顔がチョコだらけ。カップを予熱した180度のオーブンに入れ、調理室に焼き菓子のいい匂いが漂いはじめると「お腹が空いた」と訴える子どももいた。焼き時間は約20分。

 仕上げは女の子たちが「一番楽しかった」と話した飾り付け。チョコのデコペンをぬるま湯にあてて溶かし、焼きあがったブラウニーに花、星、ネコなど好きな柄を描いた。さらに好みの飾りをつけて完成。
「仲の良い友だちにあげる」という5年生や「ひとつ自分で食べてあとはパパにプレゼントする」という3年生も嬉しそうに持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る