デコブラウニー誰にあげようかな


 キラキラ光る粒玉、カラフルなクマやハート型の砂糖菓子でトッピングしたブラウニーを作る、辰巳公民館主催事業『体験菓子作り教室 バレンタイン』が2月1日に開かれた。参加したのは3年生から6年生までの女の子20人。
 はじめに50度から60度のお湯に浮かせたボールにチョコレート70g、無塩バター20g、生クリーム30gを入れ湯煎しておく。溶けるのを待つ間に薄力粉30g、ココアパウダー5g、ベーキングパウダー小さじ4分の1を一緒にふるう。別のボールに卵1個をほぐし、砂糖30gを加え泡だて器でかき混ぜ、溶けたチョコレート類のボールの中へ。さらに粉類をもう一度ふるいにかけながら混ぜ合わせる。分量は直径7センチのカップ4個分。
 講師から手順や道具の扱い方を聞いた子どもたちは、交代しながら仲良く作業を進めたが、トロリとした種をカップに移すころには手や顔がチョコだらけ。カップを予熱した180度のオーブンに入れ、調理室に焼き菓子のいい匂いが漂いはじめると「お腹が空いた」と訴える子どももいた。焼き時間は約20分。

 仕上げは女の子たちが「一番楽しかった」と話した飾り付け。チョコのデコペンをぬるま湯にあてて溶かし、焼きあがったブラウニーに花、星、ネコなど好きな柄を描いた。さらに好みの飾りをつけて完成。
「仲の良い友だちにあげる」という5年生や「ひとつ自分で食べてあとはパパにプレゼントする」という3年生も嬉しそうに持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る