バチを持つ手にみなぎる力 我ら『浜太鼓』 【外房】

 大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート』を開催する。コンサートは3部構成で、約3時間の予定。太鼓が好きで叩き続けてきた20年間の集大成を、1人でも多くの人に送り届けたいと、メンバーは気合いを入れる。

心打つ和太鼓の響き

『浜太鼓』代表の佐藤久意(さとうひさい)さんが、当時の大網白里町に引っ越してきたのは平成元年(1989年)のこと。勤務していた鉄道会社の社宅で一緒だった副代表の網代隆さんも、ほぼ同時期に隣家に引っ越していた。佐藤さん、網代さん両夫妻は地元南飯塚の盆踊りで祭り太鼓に出会い、たちまちその魅力にとりつかれた。当初は知人に太鼓を借り、土日ごとに千葉市緑区の昭和の森で練習をした。5人、10人と仲間も集まり、イベントを開催しようと2000年9月に結成したのが『浜太鼓』だ。九十九里浜の浜をとって『浜太鼓』と名付けた。今では16基ある太鼓も、ボーナスのたびに一基ずつ買い足していったものだ。現在のメンバーは、3才から60代までの30名。昨年末指導者不足のため、10年間活動していた袖ケ浦市の支部チーム『青龍太鼓』をやむなく解散したが、元メンバーの一部も袖ケ浦や木更津から遠路練習に通っている。
『浜太鼓』の特徴は、演目の幅広さにある。1つは『曲打ち』といって、演歌や歌謡曲、ポップスに合わせて太鼓を叩くもので、レパートリーは70曲ほど。2つ目は、佐藤さんと中心メンバーが考えたオリジナルのリズムを太鼓や鳴り物で叩く『創作太鼓』で、『宴』『龍神』『烈火・不死鳥』といった作品がある。3つ目は『創作曲打ち』で、メンバーの家族が作曲した曲に合わせ演奏する。『刹那』『舞姫』『カブキ』という曲目が並ぶ。
 振付、ステージの演出は、主に佐藤さんが手掛ける。「この曲はこうやったらかっこいいだろうと、アイデアが広がります。飛び跳ねながら叩いたり、人が入れ替わったり。ステージ上の配置も常に見栄えがいいように考えています」という凝りに凝った演出には、演者が悲鳴を上げることもあるそうだ。1日2公演のイベントでも、1回目と2回目は、曲目も衣装もすべて違ったステージになる。演奏前にステージを開放して、大勢の人に太鼓を実際に叩いてもらったり、会場に子どもが多い日は、急きょ演目をアニメの主題歌に変えたりと、「みなさんに楽しんでいただきたい一心」で様々な趣向を凝らす。
 そんな『浜太鼓』には熱心なファンも多い。イベントごとに写真を撮ってメンバーに配ったり、『曲打ち』にどうかとCDを差し入れてくれる人もいる。20周年コンサートでは、資金面で応援してくれる長年のファンもおり、メンバーの背中を押してくれる存在だ。
『浜太鼓』が参加するイベントは、大網白里市産業文化祭、茂原市産業まつり、茂原桜まつり、千葉市親子三代夏祭りなど、年間20を超える。盆踊りのある夏には、メンバーは毎週どこかで太鼓を叩いている。依頼があれば、老人介護施設への慰問も行う。また、ハワイで行われる『まつりインハワイ』にも4度出場した。日系人を中心とした観客の熱狂ぶりは、今でも思い出すと胸が高鳴るという。

『浜太鼓』は温かい家族

『浜太鼓』の新年会は一風変わっている。公民館の調理室を借りて、40~50人分の料理を子どもたちが中心となり調理することから始める。唐揚げを作りすぎて大騒ぎになったりと、とにかく楽しい。その他、バーベキューや潮干狩りにも大勢で出かける。「普通の会ではできないことをやりたい」と、佐藤さんはステージの外でもアイデアをふるう。「会は家族のようで、いつも温かく和気あいあいとしています」と話す広報担当の尾形千穂さんは、10年ほど前に子どもと共に入会。『浜太鼓』の「元気でかっこいい」太鼓に魅了された1人だ。
 練習は、毎週土曜日午後1時~4時半。準備体操に始まり、基本練習をみっちりと行う。小学校低学年までは、太鼓を叩くバチや衣装を貸し出したり、それらの購入のため積み立てを行うなど、費用の負担が少ないように心配りされている。「どなたでも遊びに来て、自由に体験してください」と、尾形さん。
 20周年の節目に佐藤さんは、「地元のたくさんの方に『浜太鼓』を知ってもらいたいです。これからも大好きな太鼓を楽しく、動けなくなるまで続けたい」と語った。
問合せ:浜太鼓・尾形さん
TEL.080・8755・3327


●『結成20周年記念コンサート』
会場:大網白里アリーナ・メインアリーナ
日時:11月30日(土) 開場12時半・開演13時 観覧無料 スリッパ持参

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る