小さな市のにぎわい 山里 吾郎

 外房・勝浦は人口2万人に満たない首都圏最小の市。一本釣りのカツオをはじめイセエビ、アワビなど漁業基地としての知名度は高いが、その一方で過疎化という厳しい現実にさらされている。どうすればにぎわいを演出し、まちおこしにつなげられるか―市を挙げての模索が続く▼素材はある。伝統の朝市、B級グルメの勝浦タンタンメン……。そのひとつで、全国区に育ちつつあるビッグひな祭りのにぎわいに触れてみようと寒気が残る2月末、海辺のまちを訪れた▼大多喜から内陸を抜けて坂道を降りるように外房の海岸線を目指す。途中各所に「ひな祭り」の看板。どうやら予想以上に市を挙げて取り組んでいるようだ▼漁協に近い駐車場に車を置き、まず向かったのはビッグひな祭りの代名詞・遠見岬神社。人だかりで埋まる狭い境内から前方を見上げると赤い絨毯の上に鎮座したきらびやかな雛人形。60段に並ぶ1200体の男雛・女雛。大勢のカメラマンに混じり、迫力のパノラマ(全景)をパチリ▼ここから商店街に並ぶ人形さらに今年がお披露目となる芸術文化交流センターの5000体飾りも見学した▼千葉勝浦のビッグひな祭りの始まりは2001年。先進地・徳島県勝浦町から7000体の雛人形を里子として預かり、これをもとに使われなくなった人形の寄贈を全国に呼び掛けた。今年飾られた雛人形は30000体に及ぶ▼2月20日から3月3日までの12日間、勝浦を訪れた観光客は15万3千人。4日間雨にたたられたにもかかわらず前年より増加するなど知名度は着実に上がってきている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る