ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

3月、植物や園芸好きの方には待ちに待った季節です。まだまだ風は冷たく刺すような日もありますが、春の足音は着実に一歩ずつ近づいて来るのを感じます。家の近くの川沿いの梅の木は、既にたくさんの純白や真紅の花を見せていました。
冬の間、放置してあったスコップやシャベルなどの手入れをしながら今年はどんな野菜を植えようか、まだ植えたことのない新しいハーブ数種類に挑戦してみようかなどと、胸をわくわくさせながらこれからの1年間の計画を考えています。
さて、もうすぐジャガイモを植える時期、収穫の楽しさを想い起こしたら、思わず待ちきれずにポテト料理『ローズマリー&ガーリック風味のフライドポテト』を作ってみたくなりました。
・材料(2人分)
ジャガイモ(出来ればメークイン)2個、ローズマリー1枝(56㎝)程、
ニンニク1片、塩コショウ少々、オリーブオイル適量
・作り方
①ポテトの皮をピーラーを使って剥き、縦に半分に切ったらそれぞれを櫛形状に1㎝程の厚さに切っていく。
②ニンニクは薄切り、ローズマリーは葉をやや粗めのみじん切りにしておく。
③フライパンを熱してからオリーブオイルを入れ、中火でニンニクを炒めてオイルにニンニクの香りを移す。
④切ったポテトをフライパンに入れて炒める。
⑤ある程度ポテトに火が通ったら、みじん切りにしたローズマリーを入れ、形が崩れないようポテトに色がつくまで炒める。
⑥塩コショウを振り、味を整えて出来上がり。

・ローズマリー 記憶力や集中力を高め、血管を強くし血行を促進させる。消化機能を高め、新陳代謝を促す。抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ働きがある。抗菌、抗ウイルス作用もあり、風邪の予防効果がある。但し収斂作用もあるので妊娠中の方、高血圧の方は飲み方に注意が必要です。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る