3月、植物や園芸好きの方には待ちに待った季節です。まだまだ風は冷たく刺すような日もありますが、春の足音は着実に一歩ずつ近づいて来るのを感じます。家の近くの川沿いの梅の木は、既にたくさんの純白や真紅の花を見せていました。
冬の間、放置してあったスコップやシャベルなどの手入れをしながら今年はどんな野菜を植えようか、まだ植えたことのない新しいハーブ数種類に挑戦してみようかなどと、胸をわくわくさせながらこれからの1年間の計画を考えています。
さて、もうすぐジャガイモを植える時期、収穫の楽しさを想い起こしたら、思わず待ちきれずにポテト料理『ローズマリー&ガーリック風味のフライドポテト』を作ってみたくなりました。
・材料(2人分)
ジャガイモ(出来ればメークイン)2個、ローズマリー1枝(56㎝)程、
ニンニク1片、塩コショウ少々、オリーブオイル適量
・作り方
①ポテトの皮をピーラーを使って剥き、縦に半分に切ったらそれぞれを櫛形状に1㎝程の厚さに切っていく。
②ニンニクは薄切り、ローズマリーは葉をやや粗めのみじん切りにしておく。
③フライパンを熱してからオリーブオイルを入れ、中火でニンニクを炒めてオイルにニンニクの香りを移す。
④切ったポテトをフライパンに入れて炒める。
⑤ある程度ポテトに火が通ったら、みじん切りにしたローズマリーを入れ、形が崩れないようポテトに色がつくまで炒める。
⑥塩コショウを振り、味を整えて出来上がり。

・ローズマリー 記憶力や集中力を高め、血管を強くし血行を促進させる。消化機能を高め、新陳代謝を促す。抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ働きがある。抗菌、抗ウイルス作用もあり、風邪の予防効果がある。但し収斂作用もあるので妊娠中の方、高血圧の方は飲み方に注意が必要です。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る