不幸な犬猫を増やさないために~不妊・去勢手術キャンペーン~

動物たちを飼うには、彼らが生涯、安心して暮らせる環境が求められています。捨てられて保健所に捕獲されたり、個人の多頭飼育崩壊などで持ち込まれたりした犬や猫たちは殺処分され、その数は1日2千頭以上。各地の行政も殺処分0を目指し、地域猫活動の推進や譲渡会など、様々な活動に取り組んでいます。
「不幸な犬猫をなくすネットワーク千葉」では、不幸な命を増やさないよう、不妊・去勢手術の普及活動を展開し、今年で33年目。毎年、9月から翌年3月まで、活動に賛同する獣医師の協力のもと、犬と猫の不妊・去勢手術キャンペーンを実施しています。手術希望の方は、下記宛先に郵送にてお申込みください。

 

・手術期間:令和5年3月末日まで
・対象:手術費用にお困りの方で、東京・千葉・神奈川・埼玉の指定病院へ連れていける方
・料金(税別)
 犬メス1万8500円、 オス1万500円
 猫メス1万500円、  オス5500円
 ※犬猫とも15キロ以上は料金が加算。
 ※手術料金のほか、運営費として1頭につき500円が必要となります。
・応募方法:犬・猫の別、性別、頭数、申込者の住所、氏名、電話番号を明記し、94円切手を貼付して宛先を明記した返信用封筒を同封の上、郵送で
・宛先:〒285の0807 佐倉山王郵便局局留 不幸な犬猫をなくすネットワーク千葉

 

・ 問合せ:FAXで
Fax.043・485・1527

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る