長くソフトテニスを楽しむ サラシナクラブ【市原市】

 毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中だ。主宰する長與(ながよ)さんは「これからソフトテニスを始める方と走る事にハンデがある方のためのクラブです。セルフテニスマシンを使ってフェンスに設えたボールプールに好きなだけ玉を打ち込めるので、走らずに練習ができ、長くテニスを楽しめます」と話す。
 長與さんは中学から大学までソフトテニス、社会人では硬式テニスを楽しんできた。40代で依頼されてソフトテニスクラブを作り、20年位前には男性だけのソフトテニス『イチョウクラブ』も始めた。「今回の『サラシナクラブ』は『イチョウクラブ』の初期から参加している、体力や運動機能が低下してきた会員がきっかけ。そのため 『サラシナクラブ』では、私が作ったセルフマシンで練習します」
 長與さんが自主練用にとマシンを作り始めたのは20年位前。しかしボール出しが難しく、試行錯誤と改良の繰り返しで、計300台は作ったという。「自分でボールをセットすると、ボールがマシンから転がり落ちてできる同じバウンドは、初心者にとって打点とフォームのチェックにおおいに役立ちます。打ち込んだボールも、設置した網のボールプールに止まり、隣のコートのプレイヤーに迷惑をかけません。セルフマシンは、材料費は1台300円位、組立ても2分位で、球出しの助手の助けにもなります。練習効率化ができ、好評です」とのこと。
 隣のコートでは、各大会などで優勝経験豊富なイチョウクラブメンバーが練習しており、そのプレイも見学できる。募集は10名・性別年齢不問。月会費は500円、ビジター200円。雨天強風時は練習中止。入会申込は練習時間中、常時コートにいる長與さんまで。セルフマシンでの練習の様子はYouTubeで『ミスターアローンテニス』を検索。

 

問合せ:長與さん
Tel.090・3338・5692

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  プラスチックのゴミ問題が深刻になって来ています。生産が簡単、ある程度の耐久性がある事などから、年間約800万トンも生産され、どこを見ても使…
  2.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…
  3.  毎月第1土曜日、茂原市中央公民館にて男性だけの料理教室『ダンディークッキング』が開かれている。1990年に開催された茂原市主催のシルバー料…
  4.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。45年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  5.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  6. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  7.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  8.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る