長くソフトテニスを楽しむ サラシナクラブ【市原市】

 毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中だ。主宰する長與(ながよ)さんは「これからソフトテニスを始める方と走る事にハンデがある方のためのクラブです。セルフテニスマシンを使ってフェンスに設えたボールプールに好きなだけ玉を打ち込めるので、走らずに練習ができ、長くテニスを楽しめます」と話す。
 長與さんは中学から大学までソフトテニス、社会人では硬式テニスを楽しんできた。40代で依頼されてソフトテニスクラブを作り、20年位前には男性だけのソフトテニス『イチョウクラブ』も始めた。「今回の『サラシナクラブ』は『イチョウクラブ』の初期から参加している、体力や運動機能が低下してきた会員がきっかけ。そのため 『サラシナクラブ』では、私が作ったセルフマシンで練習します」
 長與さんが自主練用にとマシンを作り始めたのは20年位前。しかしボール出しが難しく、試行錯誤と改良の繰り返しで、計300台は作ったという。「自分でボールをセットすると、ボールがマシンから転がり落ちてできる同じバウンドは、初心者にとって打点とフォームのチェックにおおいに役立ちます。打ち込んだボールも、設置した網のボールプールに止まり、隣のコートのプレイヤーに迷惑をかけません。セルフマシンは、材料費は1台300円位、組立ても2分位で、球出しの助手の助けにもなります。練習効率化ができ、好評です」とのこと。
 隣のコートでは、各大会などで優勝経験豊富なイチョウクラブメンバーが練習しており、そのプレイも見学できる。募集は10名・性別年齢不問。月会費は500円、ビジター200円。雨天強風時は練習中止。入会申込は練習時間中、常時コートにいる長與さんまで。セルフマシンでの練習の様子はYouTubeで『ミスターアローンテニス』を検索。

 

問合せ:長與さん
Tel.090・3338・5692

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る