東日本大震災 復興を祈る歌声コンサート開催【茂原市】

 3月25日(金)、茂原市東部台文化会館でチャリティ『復興を祈る歌声コンサート』が開催される。出演の『音楽ボランティア たんぽぽの会』は、東日本大震災以来、被災地訪問11回、ロビーコンサート5回、ホール演奏会5回と、震災支援活動を続けてきたグループ。同じく出演の『音楽文化塾 赤い鳥』もこの11年間、『奥州鉄道唱歌』を歌いつつ東北の地理や歴史を学び、宮澤賢治や石川啄木も取り入れ、復興を願うプログラムで活動している。
 さらに今回のコンサートでは、300回超えの現地入りで復興支援ボランティアを続ける大里綜合管理株式会社代表取締役会長・野老真理子さんが『3・11東日本大震災について』を講演。大里綜合管理の社員で構成される『大里合唱団』も出演する。
 コンサートの企画・構成をする新村道子さんは、『赤い鳥』指揮者、『たんぽぽの会』発起人代表。今年の公演にも、石巻、浪江、富岡、楢葉、いわきで被災し茂原市内に移住した方を招待するという。「故郷を想いながら出演者と一緒に歌うコンサートです。ロビーでは、11年前のあの日からの新聞を毎月・1年間掲示し、月を追うごとに被害が複雑化、深刻化していくのが分かるようになっています。他にも11年間の3月11日の新聞や被災地の資料館のパンフも展示します。これからも私たちは『あの日を忘れない』活動を続けていきたいと考えています」と話す。
 コンサートは昼の部11時と夕の部15時の2回、チャリティ券は1000円。ただし、コロナ感染防止等で変更の場合もあり。詳しくは問合せを。

 

問合せ:新村さん
Tel.080・5439・9474

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る