普段着で気軽に参加を フォークダンスパーティー開催

 茂原市だけでもフォークダンスを楽しむサークルが10以上あるという。そこで、普段着で気軽にみんなでフォークダンスを楽しんでほしいと、月に1度、茂原市役所市民室で『みんなで踊ろうフォークダンス!!』と銘打ったフリーパーティーが開催されている。主宰者である猪俣圭子さんは、自身でもサークルを持ち指導にあたっているが、「サークルごとに少しずつ特徴がありますが、他のサークルのかたと踊るのも楽しいですよ。みんなで踊りましょう」と話す。
 フォークダンスと聞くと、小中学校時代に踊った『マイムマイム』や『オクラホマミクサー』を思い出すが、「私が持っているだけでも2千曲以上あります。その国ごとに曲やステップに特徴があって面白いんですよ。衣装もかわいくて、衣装が好きで踊っている人もいるぐらい」と猪俣さん。
 曲がかかるとみな軽やかにステップを踏み、にこやかに踊り始める。多少間違えてもご愛嬌。「フォークダンスは、ほかのフラダンスや社交ダンスと違って、みんなで手を組んで踊るので一体感を感じることができると思います」と猪俣さんがいうと、「ひとりじゃ恥ずかしくて踊れないですけど、音楽に合わせてみんなで踊ると楽しいですよ。フォークダンスは奥が深いです」ともう10年以上続けているという女性。唯一の男性参加者も、「パートナーが代わるのもいいですし、多少ステップを間違えても曲が終わってみんなで喜べるのがいいですね」と。
 このパーティーのための練習サークル『アンブレラ』も第1・3月曜に開催。フリータイムを勉強したい人、もう一度フォークダンスを始めたい人、初心者大歓迎。老若男女みんなが楽しめるフォークダンスを踊ってみませんか。

問合せ フォークダンス大好き会・猪俣さん
TEL 0475・44・1905

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る