普段着で気軽に参加を フォークダンスパーティー開催

 茂原市だけでもフォークダンスを楽しむサークルが10以上あるという。そこで、普段着で気軽にみんなでフォークダンスを楽しんでほしいと、月に1度、茂原市役所市民室で『みんなで踊ろうフォークダンス!!』と銘打ったフリーパーティーが開催されている。主宰者である猪俣圭子さんは、自身でもサークルを持ち指導にあたっているが、「サークルごとに少しずつ特徴がありますが、他のサークルのかたと踊るのも楽しいですよ。みんなで踊りましょう」と話す。
 フォークダンスと聞くと、小中学校時代に踊った『マイムマイム』や『オクラホマミクサー』を思い出すが、「私が持っているだけでも2千曲以上あります。その国ごとに曲やステップに特徴があって面白いんですよ。衣装もかわいくて、衣装が好きで踊っている人もいるぐらい」と猪俣さん。
 曲がかかるとみな軽やかにステップを踏み、にこやかに踊り始める。多少間違えてもご愛嬌。「フォークダンスは、ほかのフラダンスや社交ダンスと違って、みんなで手を組んで踊るので一体感を感じることができると思います」と猪俣さんがいうと、「ひとりじゃ恥ずかしくて踊れないですけど、音楽に合わせてみんなで踊ると楽しいですよ。フォークダンスは奥が深いです」ともう10年以上続けているという女性。唯一の男性参加者も、「パートナーが代わるのもいいですし、多少ステップを間違えても曲が終わってみんなで喜べるのがいいですね」と。
 このパーティーのための練習サークル『アンブレラ』も第1・3月曜に開催。フリータイムを勉強したい人、もう一度フォークダンスを始めたい人、初心者大歓迎。老若男女みんなが楽しめるフォークダンスを踊ってみませんか。

問合せ フォークダンス大好き会・猪俣さん
TEL 0475・44・1905

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る