明るい未来を担う介護ロボット

 高齢化が加速している我が国。要介護者が急増する中、人手不足となっている介護業界を補うロボット導入への期待は高まっている。3月15日に五井の市民活動センターで開催された市原市男女共同参画の会主催の『試してみよう!介護ロボット』では、かながわ福祉サービス振興会、介護ロボット推進課課長の関口史郎さんによる講演と大和ハウス工業(株)ロボット事業推進室課長、新倉昭人さんによるロボット実演が行われた。
 『HAL』は下半身に装着し、立ち上がる、歩くという動作を支援するロボット。動こうとする意思を感知し動作の手助けをする。足が動くようになった、『HAL』を外しても一歩が出るようになったという体験が報告されている。「健常な足の動きを思い出させてくれます。患者さんの表情が明るくなると私たちも嬉しい」と新倉さん。
 聴講者に大人気だったのが癒しの効果を持つアザラシ型ロボット『パロ』。光、感触、温度に反応し「キュンキュン」と甘えた声を出す。認知症患者の多い施設で導入したところ「かわいいね~」、「名前は何ていうの?」など『パロ』を中心とした会話が始まった。約1年が経過しても飽きる様子はなく、リボンをつけたり帽子を被せたり、世話をやこうとする患者たちの姿が見られた。海外では医療機器として認定されている。
 依然、国内では普及率が低く高価な介護ロボット。現在は自治体などが借り上げ、無償で施設に貸し出す形での利用が多い。「患者の自立を支援するロボットはとてもいい」と介護を勉強中の参加者。百聞は一見にしかず。興味のある人はお問い合わせを。
『CYBERDYNE』、『ROBOT SUIT』、『ロボットスーツ』、『ROBOT SUIT HAL』、『ロボットスーツHAL』、『HAL』、『Hybrid Assistive Limb』 は、CYBERDYNE株式会社の登録商標。「メンタルコミットロボット」は独立行政法人産業技術総合研究所の登録商標。「パロ」は株式会社知能システムの登録商標。

問合せ 大和ハウス工業(株)ロボット事業推進室
TEL 0120・934・576

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る