こだわりは、リアルさと強度、そしてオリジナル

 みずみずしいミカンやイチゴ、醤油の香ばしい香りが漂ってきそうなみたらし団子、肉汁がしたたりそうなステーキやハンバーグ…。ずらりと並んだ果物やお菓子、料理は全て粘土で作られたもの。しかも、極めて小さい。
 大網白里市で、ご主人と小学3年生の息子さんと暮らす平田美樹子さん(39)の作品だ。平田さんが本格的にミニチュア粘土細工作りを始めたのは2年ほど前。「子どもの頃から手先を使う物作りが好きで色々なジャンルのクラフトを楽しんでいました。

 結婚してからも独学でミニチュア粘土細工を作っていました。そして、子育てをし、やっと子どもも手が離れた時に、近所にある予約制のカフェで委託販売を始めると聞き、やるからには集中してやろうと考えていたので、カフェへの出品を励みに制作に打ち込みました」と話す。
 2012年にはハンドクラフトのコンテストで特別賞を受賞したこともある彼女の作品づくりには、3つのこだわりがある。1つ目は、市販されている粘土型は一切使わないこと。2つ目は、樹脂粘土や特殊粘土、特殊溶液等を利用して柔軟な材料選びを心がけ、リアルさを追求すること。3つ目は、特に強度にこだわり、丈夫で長持ちする作品を作ること。
 平田さんは、「私が独学で制作を始めたのは、決められた制作方法ではなく、様々なことに挑戦して、自分なりに研究を重ね、何かを生み出したいという思いがあるから。自分流の制作方法でオリジナルを作りたい。オリジナルを自分の武器にしたいのです。それから、作品はすべてキーホルダーや携帯ストラップ、ブローチなどに加工して、持ち歩く楽しみを第一に考えています。だから、使う人が長く楽しんでもらえるように、作品の強度を高めることを信念としています」と語り、ミニチュアであることについては、「小さいものがいいんです。難しいでしょ?って聞かれますが、難しいほど私にとって刺激がある」と笑顔で答える。
 リアルさを追求するため、料理の盛り付けの勉強もする。「本物の料理と違い、粘土では匂いや湯気もなく色だけで美味しさを表現しなくてはならない。まだまだ技術を磨かなくては」と瞳を輝かせる。今、平田さんはコンテスト出品を目標に制作中。将来的には、子どもも対象にした教室を開き、本を出版したいという。その第一歩として、今年2月から自宅で、体験イベントをスタートさせた。「あらためて、粘土の楽しみを体験してほしい」。イベント開催日と参加者数により
、自宅近くのカフェで行う場合もあるそう。
 販売イベントには消極的。理由を尋ねると、「販売するとなると、売り上げを考えて、売れそうなものばかり作るようになってしまう。 以前、そんな経験をして、自分の信念を見失ってしまったので、今は作品のクオリティーを高めることに専念しています。それと、ずっと先のことだけど、おばあさんになったら、老人ホームで皆に囲まれて教えてあげられたらいいな」と茶目っ気たっぷり。
 平田さんのミニチュア粘土細工を見たい人、体験イベントに参加したい人は問い合わせを。

問合せ 平田さん
TEL 080・1364・5231

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る