61年に一度の式年祭

 10月20日(金)、白子神社(長生郡白子町)にて61年に一度の式年祭が執り行われた。今から約千年前、平安時代に創建されたという白子神社。
 300年余り前の1708年(宝永5年・徳川綱吉の時代)に、正一位白子大明神の極位に昇られ、これを記念して61年ごとの式年祭が定められた。前回は1956年に行われ、今年で5回目となる式年祭は、10時より始まり、神事・舞楽『蘭陵王』が社殿前舞台で披露されると、氏子の皆さんや参拝者は、きらびやかな装束を身に付けた勇壮華麗な舞に魅せられた様子だった。
 午後に行われた神楽『浦安の舞』は神前神楽の代表的なものといわれる巫女神楽。浦安とは心の安らかという意味で、平和を祈る心の舞だとか。扇や鈴を持って舞う、その凛とした中にも優雅な姿に見物客はうっとりと見とれた。午前の舞楽と午後の神楽両方を見た来場者はカメラを手に「素晴らしかった!感動しました」とのこと。
 また、同じく61年に1回の本殿御開帳も行われ、22日までの3日間、普段は見ることのできない本殿内の拝観が許され、参拝客は行列をつくった。県の有形文化財に指定されている本殿は、江戸時代後期、1758年(宝暦8年)に再興され、羽目板、脇障子等に見事な彫刻が施してあり、参拝客が感嘆の声を上げ、写真撮影をする姿が多く見られた。
 翌21日には神輿渡御を実施した。22日は餅投げや子ども神輿も予定されていたが、台風の影響で残念ながら中止に。
 白蛇を守り神として奉っている白子神社。南白亀郷12カ村の総鎮守であり、白子町の町名も白子神社が由来とされている。平成26年6月から第5回式年祭の記念事業として計画し行われていた社殿・参道の改修工事も今春完了した。社殿にも多くの装飾が施されてある。神社結婚式も行われており、 地元では縁結びの神様としても有名だ。これからの季節、初詣でも人気のスポット。是非、お詣りに出かけてみては。 

問合せ 白子神社
TEL 0475・33・3124

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る