3000点の新作が一堂に~第9回日展 招待券プレゼント!~【東京都】

写真:宮田亮平「シュプリンゲン22-2」第9回日展出品作

 

 都内六本木の国立新美術館にて、11月27日(日)まで『第9回日展(日本美術展覧会)』が開催されている。日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門にわたり、全国各地から応募された作品の特選・入選作、ならびに日展会員、準会員、前年度特選受賞者の作品が展示され、その数約3000点。年に1度、日展のために制作された新作が揃う世界でも類を見ない総合美術展となっている。

 同展はその前身である文展(文部省美術展覧会)の創設から今年で115年。新理事長で金工作家の宮田亮平氏は、「日展は面白いものを発見する場所、生きたステージ、舞台です。115年という長い歴史を振り返り、日展という土壌があったからこそ、毎回厳しく立ち向かい切磋琢磨して数々の作品ができあがってきました。日展が皆様にとっても夢のある楽しめる世界であっていただきたい」と語る。

小灘一紀「伊邪那岐命の悲しみ」第9回日展出品作

 会期中、同館3階講堂にて、各部門ごとに『講演会・シンポジウム・映像による作品解説等』のイベントが組まれている。例えば、11/12(土)13時半~、洋画部門『今年度審査主任と特選受賞者による座談会』など。開館時間は10時~18時(入場17時半まで)、火曜休館。入場料は一般1300円、高・大学生800円。小中学生は無料。16時~18時限定のトワイライトチケットは一般400円、高・大学生300円。詳しくは問合せを。

 

問合せ:日展事務局
Tel.03・3823・5701
https://nitten.or.jp/

 

●本展招待券を10組20名様にプレゼント!
希望の方はFAXかメールにて申込み。郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上、シティライフ編集室 日展招待券係まで。11/8(火)必着。
Fax.0436・21・9142
メール kiji@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る