イルミ 『光の花園』今年もスタート!~マザー牧場~【富津市】

 今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球の光の花畑を演出。東京湾を一望できる立地を活かし、富士山のシルエットが浮かぶ夕景や、東京湾をはさんでの東京や横浜の夜景、光り輝くイルミネーションのコラボが楽しめる。夕方から夜へと移り変わる『マジックアワー』の景色は必見。

うさぎのイルミ(イメージ)

 さらに今年はうさぎモチーフのイルミネーションも新登場。中に入ることができるキラキラの『うさ耳ドーム』や、ぴょんぴょん跳んで遊ぶ『うさぎのステップイルミ』など、可愛いうさぎモチーフがいっぱいだ。来年の干支『兎』に合わせ、年末年始のお出かけにもピッタリ。

 ライトアップは遊園地エリア『わくわくランド』でも実施し、子どもたちに大人気。空中散歩するようなサイクルモノレール、メリーゴーランド、千葉県一の最高到達点・330mの高さから眺望が楽しめる観覧車など、こちらもキラキラ輝いて華やか。

期間限定メニュー「キラキラ☆プチぱふぇうさぎ」

 イルミネーション限定メニュー『キラキラ☆プチぱふぇうさぎ』も、今年新登場。ゼリーにマザー牧場のソフトクリーム、そしてうさ耳をトッピングした可愛い映えスイーツだ。他にも『名水もち豚せいろ蒸し』『ジンギスカン』から選べる牧場グルメの食べ放題もオススメ。

 期間は来年3/5までの(土)(日)(祝)、12/28(水)~1/4(水)は毎日開催。点灯は16時半~19時半、16時以降は入場料金が大人800円・小人400円、同伴犬無料、駐車料無料となる。詳細はHPで。

 

問合せ:マザー牧場
Tel.0439・37・3211

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る