てんつくマン爆笑トークライブ

==============
てんつくマン爆笑トークライブ
==============
元吉本興業のお笑いコンビ、山崎方正さんの
相方だった軌保 博光(のりやす ひろみつ)さんをお招きして
地域の皆様に感謝をこめて無料のトークライブを開催いたします。

天国は、死んでからではなく生きている今を
天国にしようと名前を「てんつくマン」として、
全国でトークライブや世界に希望を広げる活動をしています。
今は、学校に行かないこども達と、沖縄から北海道まで歩きながら
「歩く学校ジャパンツアー」全国でトークライブを開催しています。
私はてんつくマンに出逢い、本気で人と向き合う姿に何度も
生きる希望をもらいました。
ぜひ、皆様にも、てんつくマンから生きる希望や一歩を踏み出す勇気、
そして、何より、元お笑いの方なので爆笑して、心から笑って
いただければと思います。

無料のイベントなので、一人でも多くの方に来て頂き
笑って楽しんで頂ければと思っています。

==============
てんつくマン爆笑トークライブ
==============

【日時】 2019年5月18日(土) 14時開場/14時半~17時

【場所】北飯塚公民館(きたいいづかこうみんかん)
(千葉県大網白里市北飯塚626)
※駐車スペースが限られますので、関係者のみとさせていただきます。
※遠方の方は、外房線「大網駅」駅コンビニ「ディリーストア前」から
コミニュティバスが出ています
大網駅発14時3分→北飯塚公民館14時29分着
北飯塚公民館17時31分発→大網駅18時
※近隣の方は、徒歩か自転車でお願いします。

2. 【費用】
無料

【内容】
・14:00~開場
・14:30~15:00おやじバンド
・15:00~17:00 てんつくマントークライブ

【定員】
100名

【てんつくマン:軌保博光(のりやす ひろみつ) 】 

≪プロフィール≫
1968年2月2日 兵庫県生まれ(51歳)
吉本興業・お笑いコンビTEAM 0(ゼロ)(相方:山崎邦正)として
ダウンタウンの番組を中心に活躍。
94年映画製作という夢を見つけ、吉本興業を退社。

1996年、ドキュメント映画の製作を企画。製作費を集めるために
路上に4年半座り、筆と墨で一人一人にインスピレーションで
言葉を書くパフォーマンスが大ブレーク。
その言葉が多くの元気を増やすこととなり、書籍を次々に出版。

2003年、7年間追いかけた夢、映画
「107+1~天国はつくるもの~パート1」が完成。2009年にパート2が完成。

現在は、「動けば変わる!」を合い言葉に、笑い楽しみながら人間の可能性は無限であることを
伝えるために、日本を中心に海外でも講演活動、ワークショップ、個人セッション、映画製作、植林、
山の手入れ、災害緊急支援、カンボジア支援など活動中。

≪現在の主な日本での活動≫ 講演会、メンタルコーチ

≪著者≫ 「感動無き続く人生に興味なし」「答」「やさしすぎる君へ」「あきらめない生き方」など12冊。

 【動けば変わる~歩く学校JAPAN TOUR2019~】
学校に行かない選択をしたり、学校に疑問を持っている子どもたちと一緒に、沖縄から北海道まで
一緒に歩いています!

歩きながらいろんな事を話し合い、時にはむちゃぶりをいっぱい体験させ、乗り越える事で子ども達中に
『自分の意思で動き出す種』 『人生なんてなんとでもなると思える種』を植えたいと思っています!

 具体的には子ども達に僕がこれから絶対に必要だと思う3つの力を伝えます!
 『3つの力』問いかけ力・検索力・未来を読む力。この3つです!
 『未来を描き、思いを伝え動けば、思いは現実になって行くんだ』を
体験する建物のない歩く学校のようなものをすることになりました!
そして、その子どもたちに目の前で夢を叶える方法や、夢が叶ってゆく姿を見せて行こうと思います!
動けば変わる!動けば夢は叶う!そんなメッセージを伝える旅です!

「てんつくマン」で検索するとホームページがあります
そこから「動けば変わる~歩く学校JAPAN TOUR2019~」の今の様子も見れます

【問い合わせ先】
渡辺類子(わたなべるいこ)
携帯:080-9888-0725
メール:ruiko.w725@gmail.com
(出来るだけメールでのお問い合わせをお願いします)

日 程
2019年5月18日
時 間
14時~17時
場 所
北飯塚公民館(千葉県大網白里市北飯塚626)

地図

大網白里市北飯塚626

イベント名

てんつくマン爆笑トークライブ

主催者名

渡辺類子

参加費

無料

関連サイトURL

https://www.facebook.com/events/311902729669423/

駐車場

無し

お問合わせ先

電話番号

080-9888-0725

メールアドレス

ruiko.w725@gmail.com

※イベントの開催情報などは変更になる場合がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る