第40回 青葉能

美しく、気高く、清々しい鶴?
歌人・山部赤人が読んだ和歌をモチーフにした喜多流だけの新作能「鶴」を塩津哲生の至芸でお届け

【解説】     塩津 圭介

【喜多流 仕舞】
「清経」     狩野 了一   
「熊坂」     大島 輝久

【和泉流 狂言】
「川上」     野村 万作

【喜多流 新作能】
「鶴」
女/鶴の精    塩津 哲生
都の男      佐々木多門
笛        一噌 幸弘
小鼓       森澤 勇司         
大鼓       柿原 崇志
太鼓       大川 典良
後見       金子敬一郎
         塩津 圭介
地謡       狩野 了一
         内田 成信
         大島 輝久
         佐藤  陽
         谷  友矩
         狩野 祐一

※やむを得ない事情により出演者などが変更になる場合がございますのでご了承ください。

【出演】
塩津哲生(しおつあきお)シテ方喜多流
柿原崇志(かきはらたかし)大鼓方高安流/人間国宝
野村万作(のむらまんさく)狂言方和泉流/人間国宝

===========================
2月23日(火・祝)11時~12時
事前セミナー開講
「初めてのお能を三倍楽しむ秘策!!」
講師:塩津圭介
「第40回青葉能」チケットお持ちの方は無料
お持ちでない方は1,000円(税込)

日 程
2021年2月23日
時 間
14時開演(13時30分開場)
場 所
千葉市中央区青葉町977-1

地図

イベント名

第40回 青葉能

主催者名

青葉の森公園芸術文化ホール

参加費

全席指定 SS席7,000円 S席6,000円 A席5,000円 B席4,000円 ※18歳以下全席2,000円引き

関連サイトURL

https://www.aobageibun.com/

駐車場

無し(青葉の森公園 有料駐車場をご利用ください。※台数に限りあり)

お問合わせ先

電話番号

043-266-3511

メールアドレス

info@aobageibun.com

※イベントの開催情報などは変更になる場合がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る