いちはらアート×ミックス 現地見学会を開催しました

「いちはらアート×ミックス」の作品プランの応募を2月4日(月)まで受け付けております。そこで、12月23日には、応募を予定している作家さんを対象にした現地見学会を開催いたしました。
当日は、日本人アーティストだけでなく香港や韓国の外国人アーティストを含め32名の方々が参加。五井駅から大型バスに乗車し、会場となる南市原エリアの施設を見学しました。車内では、総合ディレクターの北川フラムさんが、「いちはらアート×ミックス」のコンセプトや施設をどのように活用してほしいなどの説明をし、参加者は写真を撮ったりメモを取ったりして熱心に各施設を見学していました。
作品プランは、2月以降に書類審査、面接審査を経て、3月下旬には決定する予定ですので、お楽しみに。
「中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス」とは
日本有数の工業地域や自然あふれる里山など、多様な要素が混在(ミックス)する本市において、国内外の次代を担うアーティストと地域住民、企業、行政などが連携し、アートを媒介にさまざまな人たちが交流(ミックス)し、また思いを共有して交感(ミックス)することで、継続的な地域活性化の礎を築くための取り組みです。

開催期間 平成26年3月21日(金・祝)~5月11日(日) 52日間
市原市経済部観光振興課アートフェスティバル推進室
TEL.0436-23-7013
HP http://ichihara-artmix.jp/
FB https://www.facebook.com/artmix2014  

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る