『葉っぱやガーデン』全国に発信!

水耕栽培キット
『葉っぱやガーデン』全国に発信!

 ブーケレタスで有名な市原市海士有木の青果卸売業(有)『葉っぱや』で販売中の『葉っぱやガーデン』が、このたび『千葉ものづくり認定製品』に認定された。同認定は、千葉県が高い技術力や開発力を持ち、業界でトップシェアを誇る製品や他社の追随を許さない「オンリーワン」の製品を開発・製造している中小企業を認定し、全国に向けて発信すると共に、販路開拓の支援を行う制度。
『葉っぱやガーデン』は、自宅または店舗や会社などで、手間がかからず美味しく安心な無農薬野菜を育て、気軽に食べてもらいたいと開発された。同社が手がける水耕栽培は、土の代わりに水の中に根を張らせ、必要な養分を含んだ培養液を与えて栽培する方法。このノウハウを生かして完成した水耕栽培キットが『葉っぱやガーデン』。使い方はいたって簡単。キットを購入したらLEDライトと水中ポンプ用のコンセントを入れ、水と付属の養液を培養タンクに入れて、苗や種をまいたポットをセットするだけ。
 持ち運びも容易で、人間が過ごせる環境であれば太陽光が少ない所でも野菜やハーブを育てられる。また、LEDライトの幻想的な発色や苗が可愛らしく並ぶ様子は癒しの効果も期待できる。同社の代表取締役・野本一弘さんは「キットのアイディアを思いついて25年、開発には3年かかりました。今後、核家族化が進み、独り暮らしの人が増える社会になると思うが、帰宅して灯りのついた植物が待っていてくれたら和めるのでは。そして毎日自分で世話をして摘みたての野菜を食べる暮らしを提案したいですね」と話す。
 キットにおすすめの野菜やハーブの種が3種入った「種まきセット」、ポット植えなので植え替えも取り扱いも楽。野菜を食べ尽くしたら市販の好きな野菜の種をまいたり苗を植えてもいい。フリースタイル、自分流に野菜を育てる楽しみも味わえる。尚、同社では専用苗の販売も行っており、取り扱っている、同製品で育てられる苗の一部を紹介すると、ブーケレタス、サラダ菜、水菜、ミニセロリ、みつば、ラディッシュ、ペパーミント等20種類以上。
 同社は全国各地に23のグループ農場を有し、今回は市原の農園を見学させてもらう。「レタスの王様」といわれるブーケレタスやハーブを育てるビニールハウスが並ぶ。気温20度以上、湿度60%に設定されたハウスの中は、光が降り注ぎ水の流れる音が聞こえ、みずみずしい野菜が栽培されている。「農家の気持ちと野菜の力を知ってほしい」と、地元の小学校の体験学習も受け入れてきた。
『葉っぱやガーデン』(税込29800円)は管理面から店舗販売はしていない。購入希望者は同社に電話かネットで問い合わせを。
問合せ (有)葉っぱや
TEL 0436・36・8888
http://www.happaya.co.jp
ショッピングサイト
http://www.happayagarden.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る