春を告げる放春花(ぼけ)の世界へ

春を告げる放春花(ぼけ)の世界へ

 3月24日(日)まで、市原市海士有木にある(297号沿い)永野園内展示場で、毎年恒例の『ぼけ(放春花)展』が開催されている。
 永野園友の会(松本末吉会長)会員の盆栽仕立てのぼけ25点が出展。ぼけの花というと、庭木や里山で見る朱色を思い浮かべる方も多いと思うが、他の花同様に年々品種改良が進み、新品種も続々登場。現在は200種以上が確認されているというだけに、会場に並ぶ作品も「こんなぼけの花もあるんだ!」と驚きの連続。一重と二重、単色と色が交じった咲き分け、桜よりも艶やかな花、梅より凛とした花、不思議な交じりの花…そして何よりも盆栽ならではの花木の姿の美しさに魅了される。
「長く咲いて花もちがいい」、「種類が多く1本の木の花数も多い」と、ぼけの魅力を語る会員の皆さん。是非、鑑賞に立ち寄っては。尚、同園でぼけの販売もあり。部屋の中で鑑賞でき、水やりさえ気をつければいいという育てやすさ。更に、ぼけの実でジャムや酒も作れる話しも。
問合せ 永野園
TEL 0436・36・1064

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る