手軽にできる足もみ健康法!

手軽にできる足もみ健康法!

 4月19日(金)、『足もみ健康法』(五井公民館主催事業)が開催された。はじめに、若石健康法講師山口律子さんから足もみ健康法の特徴や体のしくみについての説明が行われた。足もみは、家庭でも簡単に実施できる副作用のない自然治療法のひとつ。講座では、足部に64カ所ある『反射区』と呼ばれる部分をマッサージする。『反射区』とは体の各器官や内臓につながる末梢神経の集中箇所で、その部分を揉むことにより刺激が伝わり、器官などの機能が活性化され体内バランスを整える。
 説明後「足裏を押してみて痛いところはありますか?」と山口さん。1人ずつ痛い箇所を聞き、症状を言い当てながら簡単なアドバイスをしていた。続いてはマッサージ。左足が終わったら右足を行う。手の形はこぶしを握った状態で人差し指(第二関節)を少し前に突き出す。まずはクリームを使って滑りやすくし、足の内側ほぼ中央にある腎臓の反射区から土踏まず周辺にある膀胱の反射区ラインを押した。続いて指先を揉みほぐし、指の付け根、土踏まずとかかと、内・外側の側面、甲全体を刺激し、ふくらはぎを下から上へと丹念に揉んでいった。
 終了後は、老廃物を排泄させるために500ccの白湯を飲む。参加者は「体が温かくなってきた」、「肩や腰がらくになった」と毎日手軽にできる健康法を楽しく学んだ。  

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る