森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭素を吸収し酸素を排出するので、木を燃やすという事は差し引きゼロ。環境に優しい暖房器具と言えます。
 一昨年、家を建てる際に10数本の木を切り倒さねばならず、丸太は十分過ぎるくらいに庭の一画に積上げられました。それをチェンソーで同じくらいの間隔に切断したら、次は斧に持ち替えて丸太の上に力一杯振り下ろしていきます。斧での薪割りは想像していた以上に重労働で、4〜5分経つ頃にはくたくたになってしまいますが、次第に心地よい汗が流れて来るのが分かります。薪割り機という効率的な物もありますが、暫くの間はこうして自分自身の手で薪を割る作業を体感して行きたいと思っています。
 ストーブには適した温度があり、杉や松などの針葉樹は燃える勢いが強いために着火剤としては適していますが、燃やし続けると高温になり過ぎてストーブを傷めてしまいます。煙の量も多いので煙突に煤が溜まりやすく、炎も長くは続きません。適しているのはクヌギ、ナラなどの広葉樹です。火持ちも良く温度も針葉樹程は上がりません。乾燥させるために最低2年は薪棚でしっかりと寝かせます。また炉内の温度が低いと不完全燃焼を起こして煙の量も多くなり、煤や灰が溜まりやすくなります。適切な温度を保てば灰の量も少なく、煤もあまり付かないので煙突の掃除が楽になります。
 焚き火やストーブの炎は長い時間見つめていても決して飽きる事がありません。人類が火を使い始めて以来、私達の祖先は何万年ものあいだ焚き火から舞い上がる炎を見つめてきました。それは神秘的でもあり、懐かしいという感覚さえ沸き上がって来ます。私達のDNAの中には、太古の記憶がしっかりと刻まれているからなのでしょう。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る