秋空に映える紅葉

秋空に映える紅葉
~加茂のもみじをたずねて~

 11月26日に加茂公民館主催『楽しく歩こう』が行われ、12名の参加者が市民の森へ集合、柳川渓谷への気ままな散策を楽しんだ。講師は加茂公民館運営委員会副会長の松本靖彦さん。「柳川の民家のお庭には様々なもみじがあります。拝見させていただきましょう」松本さんの知人宅の庭を見て回るところからスタート。もみじだけではなく、きれいに手入れされた庭園は外からでも充分に散歩者の目を楽しませてくれる。そこにあるのはさりげないおもてなしの心だ。
 青空の下に広がっていた豪華な紅葉に、市民の森を出発する前から参加者たちは感嘆の声を出していた。しかし、この日はまだ葉が色づきかけている途中。「緑色の中に赤色や黄色があるから素敵なのよね」と参加者はうっとり。松本さんによると12月の初旬には真っ赤になっているとのこと。行きと帰り、日の差し方によっても景色は変わる。
 柳川添いを歩いて行くと見えてきたのは木々の合間に顔をのぞかせている茂平の滝。「別名、えさまの滝とも言います。茂平は地元に尽力した庄屋の長男でえさまはそのお嫁さん。とても仲良く、90歳を超えるまで長生きした実在の夫婦だそうです。2人が手を握り合い、いつも滝の前で仲むつまじく語り合っているのを見た村人達は人を信ずることの大切さを知り、滝の前を通るとそっと手を合わせるようになりました。現在でも、9月になると地元の人達は2人の魂が永久に生き続けてくれるよう白鳥神社と柳川の前で祈るのだそうです。秋になると柳川の木々の葉が七色に染まるのは2人からの恩返しだとか。このような伝説のある滝なので、ご夫婦、恋人と共にいらして下さい。純粋な心で手を合わせれば、きっと幸せになれますよ」と話したのは参加者の一人、NPO法人『南市原夢街道』会員の永島さん。素晴らしい紅葉やこの滝を眺められるのは、松本さんを始め同会のメンバーや地元の人々がボランティアとして雑木林を整備してくれているから。
 市民の森を訪れたら、もう少し先、柳川渓谷までぜひ足を運んでみてほしい。素晴らしい景色が堪能できること請け合いだ。「皆さん、温かい人たちばかりなのでワイワイ言いながらのハイキング、とても楽しかったです」参加者は満面の笑顔で帰路に着いた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…
  2. ◇地域の防犯に、移動交番の活用を  安心な地域づくりと防犯力強化に、千葉県警察が平成22年から開設を進めてきた移動交番。専用の移動交番車に警…
  3. ミリオンセラーの「禁じられた恋」をはじめ「涙そうそう」「さとうきび畑」など、数々のヒット曲を生み出した森山良子が3月5日(木)(午後4時開演…
  4. 今年で設立34年目を迎える『市原市なぎなた連盟』は、市内3カ所の体育館を拠点に活動中だ。昭和63年5月、市原市社会体育課主催の家庭婦人を対象…
  5. 実は私、五十四歳の大学一年生なんです。昨年四月に某大学こども心理学部通信教育課程に入学しました。幼稚園教諭一種免許取得を目指して、日々仕事の…
  6. RUN伴(らんとも)は、認知症の人や家族、医療福祉関係者、認知症の人と接点がない地域住民のみんなでタスキを繋いで、北海道から沖縄まで日本全国…
  7. 市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全…
  8. 毎年開催されている「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も2月1日から開催中! 市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募、会場内はデザイナーやアー…
  9. 春の息吹を感じながらも、まだ陽当たりが良い所を選んで散歩をする。陽だまりの野草を見ると、大きさ7ミリぐらいの白い花が見られるようになった。…
  10. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

ピックアップ記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~21時 市原市立五井中学校 幅広い年齢層のメンバーが、よさこいを通じてひとつになれる!…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る