秋空に映える紅葉

秋空に映える紅葉
~加茂のもみじをたずねて~

 11月26日に加茂公民館主催『楽しく歩こう』が行われ、12名の参加者が市民の森へ集合、柳川渓谷への気ままな散策を楽しんだ。講師は加茂公民館運営委員会副会長の松本靖彦さん。「柳川の民家のお庭には様々なもみじがあります。拝見させていただきましょう」松本さんの知人宅の庭を見て回るところからスタート。もみじだけではなく、きれいに手入れされた庭園は外からでも充分に散歩者の目を楽しませてくれる。そこにあるのはさりげないおもてなしの心だ。
 青空の下に広がっていた豪華な紅葉に、市民の森を出発する前から参加者たちは感嘆の声を出していた。しかし、この日はまだ葉が色づきかけている途中。「緑色の中に赤色や黄色があるから素敵なのよね」と参加者はうっとり。松本さんによると12月の初旬には真っ赤になっているとのこと。行きと帰り、日の差し方によっても景色は変わる。
 柳川添いを歩いて行くと見えてきたのは木々の合間に顔をのぞかせている茂平の滝。「別名、えさまの滝とも言います。茂平は地元に尽力した庄屋の長男でえさまはそのお嫁さん。とても仲良く、90歳を超えるまで長生きした実在の夫婦だそうです。2人が手を握り合い、いつも滝の前で仲むつまじく語り合っているのを見た村人達は人を信ずることの大切さを知り、滝の前を通るとそっと手を合わせるようになりました。現在でも、9月になると地元の人達は2人の魂が永久に生き続けてくれるよう白鳥神社と柳川の前で祈るのだそうです。秋になると柳川の木々の葉が七色に染まるのは2人からの恩返しだとか。このような伝説のある滝なので、ご夫婦、恋人と共にいらして下さい。純粋な心で手を合わせれば、きっと幸せになれますよ」と話したのは参加者の一人、NPO法人『南市原夢街道』会員の永島さん。素晴らしい紅葉やこの滝を眺められるのは、松本さんを始め同会のメンバーや地元の人々がボランティアとして雑木林を整備してくれているから。
 市民の森を訪れたら、もう少し先、柳川渓谷までぜひ足を運んでみてほしい。素晴らしい景色が堪能できること請け合いだ。「皆さん、温かい人たちばかりなのでワイワイ言いながらのハイキング、とても楽しかったです」参加者は満面の笑顔で帰路に着いた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  2.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  3.  千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7.  皆さんはアリにキノコが生えるのをご存じですか? この写真はムネアカオオアリに寄生しているマルミアリタケです。森の中の朽木からミニチュアのミ…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る