秋空に映える紅葉

秋空に映える紅葉
~加茂のもみじをたずねて~

 11月26日に加茂公民館主催『楽しく歩こう』が行われ、12名の参加者が市民の森へ集合、柳川渓谷への気ままな散策を楽しんだ。講師は加茂公民館運営委員会副会長の松本靖彦さん。「柳川の民家のお庭には様々なもみじがあります。拝見させていただきましょう」松本さんの知人宅の庭を見て回るところからスタート。もみじだけではなく、きれいに手入れされた庭園は外からでも充分に散歩者の目を楽しませてくれる。そこにあるのはさりげないおもてなしの心だ。
 青空の下に広がっていた豪華な紅葉に、市民の森を出発する前から参加者たちは感嘆の声を出していた。しかし、この日はまだ葉が色づきかけている途中。「緑色の中に赤色や黄色があるから素敵なのよね」と参加者はうっとり。松本さんによると12月の初旬には真っ赤になっているとのこと。行きと帰り、日の差し方によっても景色は変わる。
 柳川添いを歩いて行くと見えてきたのは木々の合間に顔をのぞかせている茂平の滝。「別名、えさまの滝とも言います。茂平は地元に尽力した庄屋の長男でえさまはそのお嫁さん。とても仲良く、90歳を超えるまで長生きした実在の夫婦だそうです。2人が手を握り合い、いつも滝の前で仲むつまじく語り合っているのを見た村人達は人を信ずることの大切さを知り、滝の前を通るとそっと手を合わせるようになりました。現在でも、9月になると地元の人達は2人の魂が永久に生き続けてくれるよう白鳥神社と柳川の前で祈るのだそうです。秋になると柳川の木々の葉が七色に染まるのは2人からの恩返しだとか。このような伝説のある滝なので、ご夫婦、恋人と共にいらして下さい。純粋な心で手を合わせれば、きっと幸せになれますよ」と話したのは参加者の一人、NPO法人『南市原夢街道』会員の永島さん。素晴らしい紅葉やこの滝を眺められるのは、松本さんを始め同会のメンバーや地元の人々がボランティアとして雑木林を整備してくれているから。
 市民の森を訪れたら、もう少し先、柳川渓谷までぜひ足を運んでみてほしい。素晴らしい景色が堪能できること請け合いだ。「皆さん、温かい人たちばかりなのでワイワイ言いながらのハイキング、とても楽しかったです」参加者は満面の笑顔で帰路に着いた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る