市原市はどんなところ?

市原市はどんなところ?

 10月25日(金)、いちはら市民大学基礎講座『市原市の歴史・人物と川』がサンプラザ市原で行われ65名が参加した。いちはら市民大学は、基礎、専門、教養講座の3講座で構成された2年制の学習講座で、市原市の市勢や歴史等の知識や専門的な技能を学ぶと共に仲間づくりなどを目指している。
講師の小林信夫さん(元公立小学校長)から『私たちの市原市』の副読本等が紹介された後、モニター映像と手元にある資料を参考にしながら講義は進んだ。
 まず人物では、地元出身で活躍した人(川上南洞ほか)、市原市に来て活躍した人(石川倉次ほか)に分けられ、多くの人物が紹介された。「歴史上で川が果たした役割とは何でしょう」とモニターには養老川の川船が映し出され、当時の物資(米、薪、炭)の輸送には欠かせなかったとの説明後「なぜ利用されていたのが大正時代の終わり頃まで?」と小林さん。それ以降は小湊鐵道が開通され新たなる交通手段ができたからだという。時々余談で会場から笑いが起きる中、市の歴史(源頼朝伝説、五井潘等)や文化財の話に進んだ。
 講義後は「市原(地名)の由来は?」、「千葉常胤らが、なぜ積極的に頼朝を支援したのか?」等の質疑応答が交わされた。参加者からは「もっと深く歴史が学びたくなった」、「学んだ歴史を子どもたちに伝えていきたい」との声が聞かれ、小林さんは「歴史に起こった出来事を自分ならどう解釈していくのか。そして現在の生活にどう関わっているのかという視点から考えていくと歴史がもっと面白くなります」と締めくくった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る