朝日に向かって

文と絵 山口高弘

 元日の朝、薄明りで目を覚ましました。珍しく朝早く。そっとカーテンから覗くと、ちょうど初日の出が上がる頃のようです。
 外に出てみました。しん、とした空気の冷たさが頬を刺します。街は静まり返っていました。車屋に並んだ車たちが霜で白く固まっていて、動けなくなる魔法でもかけられたかのようです。夜の冷気が街全体を冷凍して、大晦日のまま時間が止まっていました。
 光が、東からまぶしく差してきました。白く凍った家の屋根が、アパートの壁が、銀色にキラキラ光りはじめました。朝が来る。新年の。氷の魔法が解けていく。金色の光はどんどん大きくなってきます。そうだ、朝日に向かって歩こう。
 東へ歩きました。足元は霜柱。雪のように白い田んぼの刈られた稲に、水色の影がかかっています。向こうで高架下に停まった赤信号の車が、おしりから湯気を出していました。金色の逆光で浮かび上がって、出発を待つ蒸気機関車のように気高く見える。「印象派の絵みたいだ」思わず呟きました。ここはフランスの駅ではなく、僕もモネではないけれど。
 朝日は坂の上から街全体を照らして、道に犬を連れた人が現れはじめました。路地裏のくたびれたベンツのライトが白く凍っていて、老紳士の眼鏡のようです。若いカップルとすれ違いました。ランニングをしている父子が、背中に朝日を受けながら僕を追い越していきます。遠ざかる綺麗な影と冬枯れの木々を写真に撮ろうと携帯を構えたら、電池がありませんでした。
 いつの間にか寺に着いていました。人影はなく、霞む光の中に静かに本堂があるだけです。服を探ると小銭がない。着の身着のまま初詣、か。手だけ合わせて踵を返しました。背中に、朝日の温もりを感じました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、千葉日報紙上で、毎週、父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストやエッセイを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る