朝日に向かって

文と絵 山口高弘

 元日の朝、薄明りで目を覚ましました。珍しく朝早く。そっとカーテンから覗くと、ちょうど初日の出が上がる頃のようです。
 外に出てみました。しん、とした空気の冷たさが頬を刺します。街は静まり返っていました。車屋に並んだ車たちが霜で白く固まっていて、動けなくなる魔法でもかけられたかのようです。夜の冷気が街全体を冷凍して、大晦日のまま時間が止まっていました。
 光が、東からまぶしく差してきました。白く凍った家の屋根が、アパートの壁が、銀色にキラキラ光りはじめました。朝が来る。新年の。氷の魔法が解けていく。金色の光はどんどん大きくなってきます。そうだ、朝日に向かって歩こう。
 東へ歩きました。足元は霜柱。雪のように白い田んぼの刈られた稲に、水色の影がかかっています。向こうで高架下に停まった赤信号の車が、おしりから湯気を出していました。金色の逆光で浮かび上がって、出発を待つ蒸気機関車のように気高く見える。「印象派の絵みたいだ」思わず呟きました。ここはフランスの駅ではなく、僕もモネではないけれど。
 朝日は坂の上から街全体を照らして、道に犬を連れた人が現れはじめました。路地裏のくたびれたベンツのライトが白く凍っていて、老紳士の眼鏡のようです。若いカップルとすれ違いました。ランニングをしている父子が、背中に朝日を受けながら僕を追い越していきます。遠ざかる綺麗な影と冬枯れの木々を写真に撮ろうと携帯を構えたら、電池がありませんでした。
 いつの間にか寺に着いていました。人影はなく、霞む光の中に静かに本堂があるだけです。服を探ると小銭がない。着の身着のまま初詣、か。手だけ合わせて踵を返しました。背中に、朝日の温もりを感じました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、千葉日報紙上で、毎週、父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストやエッセイを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る