晩秋の市原を彩った作品の数々

晩秋の市原を彩った作品の数々

 11月21日から4日間、市原市市民会館で『市原市文化祭・工芸展&チャリティバザー』が開催された。
 会場には、染色、陶芸、木工、組ひも、ガラス工芸、金属、押し花、刺繍、人形、磁器絵付け、パッチワーク、編み物等、174名、約250点の作品が展示され、訪れた人たちの目を楽しませた。毎年、必ず来場するという女性は、「一堂に選り抜きの様々な芸術作品が集まっているのを、気軽に鑑賞できる」と嬉しそう。主催の市原市工芸会の代表・成登やえさんは「今年は、個人個人が市制50周年を祝うという想いで制作した、例年よりも高度な作品が多いと思います」と話す。
 作家たちによるバザーも人気があり、その収益の一部は市原市に寄付されている。また、施設からの申込みを受け、会場には千葉福祉園の皆さんの作品も展示されていた。 
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る